外国人労働者と働く

勉強への意識

更新日:

私は学生時代四年間博多の水炊き屋さんで接客業のアルバイトをしていました。_x000D_
働き始めたときからすでに外国人労働者(中国人)の先輩が多く働いており始めてアルバイトをする私に様々な事を教えてくださいました。_x000D_
四年間を通して普通の友人以上に仲良くなったのですがその中では金銭感覚やストレートな発言など国民性を感じることも少なくなく驚きの連続でした。_x000D_
ですが最も驚いたのは実は勉強熱心だということ。_x000D_
ほとんど日本語が話せない状態で接客業を選んだ理由はと尋ねると日本語を覚えるために会えてとても日本語が必要となる接客業にしたという外国人労働者がほとんどでした。_x000D_
話せないことや発音の間違いを恥ずかしいと思わず「わからない、教えて!この発音はあっていますか?おかしくないですか?」と好奇心旺盛な子供のように楽しそうに聞いてくるのです。_x000D_
私は人に何かを聞くことが恥ずかしく、自分でこそこそと調べることが多かった人生でしたが彼女たち外国人労働者に会ってかなり考え方が変わりました。_x000D_
はっきりと聞いてくれればこちらも偉そうに教えたような気持ちにはなりません。_x000D_
さらに驚いたのはお客様に日本語を聞いていたことです。_x000D_
メニューで読めない漢字、所謂当て字のような一品があったのですが、「日本語の熟語はだいたい意味がわかるのですがこれは意味が全く無いように思います、どうしてこの漢字を使うのですか」とお客様に聞いていました。_x000D_
お客様は答えることができず苦笑いしていましたが嫌な顔はしていませんでした。_x000D_
彼女たちからしたら全ての日本人が先生で常にどの場所も勉強の場なのだなあと感心しました。_x000D_
ある一人の女性は日本の歴史にかなり興味をもっており、日本人の私よりもかなり詳しく何度もバカにされました。_x000D_
日本にいて日本の素晴らしいところがたくさんあるのになぜそれを知ろうと思わないのか、知らずにいれるのか。_x000D_
私は知りたくないと思っていたわけではなく_x000D_
当たり前に日本にいるためここが日本であるという意識を一度もしたことがなかったように思います。_x000D_
彼女たちは今に日本にいて限りある時間の中でどれだけのことを吸収できるか、を常に考えて行動しています。_x000D_
私が答えられないことは一緒に辞書をひいて勉強をしていました。_x000D_
彼女たち外国人労働者といると自分がどれだけ普段の生活をなにも考えずに送っているかがよくわかり、非常に刺激的です。_x000D_
正直、彼女たちに出会うまでは外国人労働者にかなりの偏見を持っていました。_x000D_
しかしそれは外国人労働者に対して無知であることからくる恐怖が原因だったと思います。_x000D_
現在はお互いにアルバイトをやめて一年以上経ちますがわからない日本語が時々ラインで送られてくるほどの仲良しです。

FACEBOOK

タグ

-外国人労働者と働く
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2018 All Rights Reserved.