外国人技能実習制度と労働力不足問題

大手新聞社の過去5年間の求人採用人事労働関連する記事から浮かび上がるのは、日本の少子高齢化を背景とする労働力不足問題です。
このまま出生率が2.07を下回ると、日本人労働力は確実に激減していくことが決まっています。
また、出生率が2.07を超えても子供達が労働資源になるまでに20年以上の月日が必要となります。
すでに、建築などでは有効求人倍率が3倍を超えています。時給を2倍にしても採用できない時代が到来します。
私たち日本人の労働環境はどのように変わっていくのでしょうか?

保護中: 外国人技能実習生を導入するための職場環境整備アセスメント

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2021 All Rights Reserved.