外国人労働者と働く

誤解してました!

更新日:

私が20歳の時にアルバイトしていた居酒屋さんで出会った外国人労働者さんのお話です。_x000D_
品川のある居酒屋さんに友人の紹介でバイトで入社したのですが、そちらの店舗は韓国と中国の外国人労働者さんの先輩が複数勤めていました。_x000D_
皆さん日本語はカタコトなのですが、すごく優しくて、とても親切にしてくれたのを覚えています。_x000D_
韓国人の男の子は何故か私の事をすごく気に入ってくれて、ネックレスを交換しようと持ちかけてきました。_x000D_
さすがに私もお付き合いしている人がいましたし、彼のネックレスがなんとお婆ちゃんの形見ということで、やんわりお断りしました。_x000D_
そんなやりとりをしている際なんだか冷たい視線が..._x000D_
というのも中国のカップルの外国人労働者の先輩の女性が彼にはとても可愛い笑顔で接しているのですが、私と話す時はいつも真顔..._x000D_
その彼に仕事の質問など私がしている時もかなり負のオーラを感じるといいますか..._x000D_
とにかく後ろを振り向けないような鋭い視線を感じていました。_x000D_
私の勘違いかなぁと自分に言い聞かせ、日々の業務に追われていました。_x000D_
そんなある日、そのカップルがなんだか険悪な模様。_x000D_
どうやらケンカをしてしまったようで特に彼女がかなり機嫌が悪いんです。_x000D_
通常でも冷たいのに、最悪です..._x000D_
触らぬ神に祟なしということでなるべく触れないように、関わらないように..._x000D_
上手くはいかないものですね。_x000D_
そんな日に限って彼女に質問しないといけない事柄ばかり起こるんです。_x000D_
もちろんいつもの倍くらい冷たい真顔な彼女..._x000D_
しかもそんな日に限ってお店も忙しいんですよね。_x000D_
アルバイトといえど職場の人間関係ってかなり重要だと思いませんか?_x000D_
今月いっぱいでもう辞めさせてもらおうかなと考えながら1日を乗り切りました。_x000D_
そして閉店後、まさかの出来事が起きたのです。_x000D_
私に近づいてくるその彼女。_x000D_
「〇〇さん!ちょっと!!背中!!」_x000D_
なになに!?何なのよと思った瞬間、背中を結構な力でひたすらチョップ..._x000D_
「今日忙しかったねー」と真顔でマッサージをし始めてくれました(笑)_x000D_
まさかの出来事にただただ呆然としながら笑ってしまいました。_x000D_
その後いつも真顔な事なども聞いてみたところ、面白いわけじゃないのにニコニコ笑ってるのは日本人くらいだと不思議がられました。_x000D_
そう。彼女は怒っているわけでも冷たくしているわけでもなかったのです。_x000D_
私がモヤモヤしてたのわ悩み損だったくらい、とても優しい人でした(笑)_x000D_
私も彼女を見習って愛想笑いはするのを辞めて素直に生きるべきかなと学んだアルバイトでした。

FACEBOOK

タグ

-外国人労働者と働く
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2018 All Rights Reserved.