ヘルスケア情報

肝不全になるまえに・・・。

投稿日:

気づいたときには遅い!肝不全の怖さについて学ぼう。

肝不全とは、進行している肝臓がんにみられる肝細胞機能が働かない状態のことをいいます。

ウィルス性の肝炎のほかに細菌感染・中毒・循環障害などによって、肝臓の機能が低下したときに起きます。

肝不全は、肝臓の代謝機能が落ちるために老廃物が増えていろいろな障害が起きてくる症状のことをいいます。

肝臓の代謝機能とは、老廃物を排出して栄養分を摂取する働きのことです。

肝不全は、ウィルス性肝炎・肝硬変・アルコールやアセトアミノフェンという薬物の薬物中毒などの肝臓障害、そしてあらゆる肝臓の病気の結果として生じてきます。

肝不全が起こる前に、肝臓のありとあらゆる場所に損傷を受けていると考えられます。

肝不全は数日から数週間のうちに、急に進行する場合と数か月から数年にかけて進んでいく場合があります。

この数か月または数年にかけて肝不全がでてくるのは、慢性肝炎の場合です。

気づいたときには遅い!肝不全の怖さについて学ぼう。1

肝不全についていくつか例を挙げていきます。

肝不全になると、肝臓でビリルリンを排出することができなくなってきます。

・ビリルリンとは、古い赤血球が分解されてできる老廃物のことです。

その結果、黄疸が出てきます。

・肝臓の中で血液の凝固を支えるタンパク質を十分に合成できなくなります。

この現象が起きだすと、あざができやすくなったり、出血が起きやすくなります。

これを血液凝固障害と言われています。

・門脈圧亢進症が頻繁に起こります。この門脈亢進症とは門脈系統の血液の流れの異常によって生じる門脈圧が上昇した状態で、これに伴う食道や胃静脈瘤・脾腫・腹水などの二次的に表れる症状です。

この門脈圧亢進症が起こると、腹水や肝性脳症また、この両方が起こる確率が高くなります。

これらの症状が徐々に表れてきます。

気づいたときには遅い!肝不全の怖さについて学ぼう。2

また、もっと詳しくお話すると、肝不全の人は、黄疸・腹水・肝性脳症など、とにかく全身の健康状態の悪化が見られるようになってきます。

それも、疲労や吐き気だけではなく、脱力感・食欲不振などの症状が出てきます。

これが急性肝不全の場合ならば、健康な人がたった数日間で死に至る場合もあります。

慢性肝不全の場合は少し違ってきます。

静脈瘤から出血といった大きな変化にいたるまでは、あくまで健康状態でこれが徐々に悪化していきます。

悪化するまでは、非常に緩やかで遅い速度です。

兆候としては、あざや出血が起こりやすくなってきます。

小さい切り傷や少しの鼻血などでも、出血が止まらなくなり、医者にいっても医師でも出血が困難になってきます。

<経過と治療について>

治療としては、原因とその固有の症状に応じて行われます。

肝不全が急性か慢性かによって、治療方法は違ってきますし急を要するかどうかも違います。

しかし治療の原則としては全く同じです。

ではどのような治療をするかですが、まずは食事から入っていきます。

食事制限があり、タンパク質の摂取する量は、多すぎると脳機能不全を起こしてしまいます。

少なすぎると体重が減少するために、慎重に対処していきます。

塩分では、腹水に関係してくるため、腹水がたまらないようにするために、塩分は低めに設定します。

アルコールは飲めないかどうかというと、厳禁となります。

これは、アルコールは肝臓の悪化を促進させるため、絶対にだめです。

肝不全の見通しとしては、肝不全を治療せずまたは進行性の場合は、死に至ります。

肝不全は結果的に腎不全に繋がっていきます。

その結果腎不全で死亡することになります。

しかし肝臓移植という方法もあるため、この方法をとると肝臓の機能が回復し、長く生きることができます。

ただし、肝臓移植の条件に適合するのは、肝不全の患者の中でもごく少数になります。

(イラスト:いらすとや)

FACEBOOK

タグ

-ヘルスケア情報

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2018 All Rights Reserved.