ダイエット

食べ過ぎた!でもまだ間に合う!48時間以内に食べた分を取り戻せ!

更新日:

%e9%a3%9f%e3%81%b9%e9%81%8e%e3%81%8e%e3%81%9f%ef%bc%81%e3%81%a7%e3%82%82%e3%81%be%e3%81%a0%e9%96%93%e3%81%ab%e5%90%88%e3%81%86%ef%bc%8148%e6%99%82%e9%96%93%e4%bb%a5%e5%86%85%e3%81%ab%e9%a3%9f%e3%81%b9

ダイエット中なのに、飲み会でついつい食べ過ぎた、あ~ぁ、もうダイエットやーめた!と、諦めるのはまだ早い!48時間以内にリセットすれば取り戻せるのです!さて、どんな方法なのでしょう?ご紹介していきます。

 

なぜ、48時間以内なら大丈夫なの?

体重を毎日量るダイエットをしたことがある方なら「あれ、昨日食べすぎたのに、今日は体重そんなに増えてない」「でも、3日後にドン!と増えた」という経験がないでしょうか?

これは、医学的に言うと食べたものの消化吸収や解毒に、48時間かかるということに理由があります。

つまり、食べたものはすぐに脂肪になる訳ではなく、消化吸収され、解毒され、栄養とされるのか、排出されるのかが決まってから脂肪となるのです。

だから、食べ過ぎてから48時間をどう過ごすかで、その食べ過ぎたものたちがどこへ行くか決まってくるのです。

食べ過ぎたものを脂肪にしないために、48時間以内にリセットすることが大切なのです!

 

まずは24時間以内にしたいこと。

%e9%a3%9f%e3%81%b9%e9%81%8e%e3%81%8e%e3%81%9f%ef%bc%81%e3%81%a7%e3%82%82%e3%81%be%e3%81%a0%e9%96%93%e3%81%ab%e5%90%88%e3%81%86%ef%bc%8148%e6%99%82%e9%96%93%e4%bb%a5%e5%86%85%e3%81%ab%e9%a3%9f%e3%81%b9

食べ過ぎから24時間は、血糖値が乱れやすくなっています。食べ過ぎたからと、絶食はよくありません。

この時間は、野菜やフルーツなど食物繊維たっぷりの食事がオススメです。

また、水分も溜まりやすいので、むくみが気になる方は、カリウムの多く含まれたバナナやアボカド、キウイ、ほうれん草などがいいでしょう。

 

タンパク質は魚から。マッサージ&運動で代謝アップ。

%e9%a3%9f%e3%81%b9%e9%81%8e%e3%81%8e%e3%81%9f%ef%bc%81%e3%81%a7%e3%82%82%e3%81%be%e3%81%a0%e9%96%93%e3%81%ab%e5%90%88%e3%81%86%ef%bc%8148%e6%99%82%e9%96%93%e4%bb%a5%e5%86%85%e3%81%ab%e9%a3%9f%e3%81%b9

食べ過ぎから48時間以内は、タンパク質は肉より魚を選びましょう。EPAは脂肪が燃えやすいことでも知られています。

あとは、マッサージや運動を適度に取り入れて、代謝を上げましょう。これは、血行をよくしてむくみを取ったり、デトックスしたりする効果が期待できるからです。

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったり、1駅分多めに歩くのもいいですね!

食べ過ぎた分が脂肪にならないよう、イメージを膨らませて、上手に排出することが大切なのです。

 

どうでしたか?

今まで「もういいや、ダイエットは明日から」なんて諦めていませんでしたか?でも食べ過ぎから48時間の過ごし方に気をつければ、リセットできるどころか、ダイエット続行が充分可能なのです!

大事なのは、諦めないこと。

たまには「食べ過ぎてもいい」くらいの気持ちでいることも、ダイエット成功の秘訣かもしれません。

 

写真出典 すべてhttp://www.photo-ac.com/

FACEBOOK

タグ

-ダイエット

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2018 All Rights Reserved.