ダイエット

メタボは嫌だ!そんなあなたには有酸素運動をオススメしますよ!

更新日:

ダイエット

最近体がずっとだるい…という方はいらっしゃいますか?
朝はゆったりご飯を食べてコーヒーを飲みながら仕事までを優雅に…なんてする暇があったら1秒でも長く寝ていたいですよね。
朝食も取らずに仕事は車で通勤。会社ではデスクワークで座ったまま1日を過ごす。そんな毎日を送ってはいませんか。

一見健康には何の問題もないように感じますよね。
しかしこのような生活は、血糖値が上がらず代謝の悪いままになっているのです。
デスクワークの毎日であれば余分な栄養はどんどんと脂肪として蓄えられていきます。
そして気づけばメタボリックシンドロームの予備軍になってしまいます。
もちろんそのままに生活習慣病の危険もあります!
そこで、体脂肪を燃やすのに1番オススメなのが有酸素運動です。

有酸素運動は酸素を体内に取り入れて新陳代謝を良くし、筋力をつけ、脂肪を燃やす働きがある運動です。健康が大切なら、1日わずかな時間でも有酸素運動を取り入れてみましょう。

ここで有酸素運動のやり方について説明します。

1.ドローイン

お腹をへこますだけで簡単に徐々に筋肉をつけ体脂肪を減らします。
人間に大切なインナーマッスルと言う衰えがちな体の内側の筋肉を引き締め代謝の上がりやすい身体を作ります。

やり方は、まず鼻から息を吸い、お腹を膨らませます。次に息を止めて酸素が体中に行き渡るのを感じて下さい。そうしたら口から息を吐いてお腹をへこませます。へこませたまま30秒キープさせます。これも1日5分、気がついたらいつでもどこでもやりましょう。

2.筋トレ

ただの筋トレではなく、スローに行う筋トレです。これはテレビを見ながらでもできる筋肉トレーニングです。ゆっくりと動くので危険が少なく場所も取らずにできるのでオススメです。

やり方は手を胸の前でクロスし、背筋は伸ばします。肩幅の1.5倍に足を開き、おしりとお腹に力を入れます。上から引っ張られるイメージで下に息を吐きながら4カウントでゆっくり下ろしていきます。2カウントで元のポーズに戻ります。これを6回続け、7回目に30秒下に下ろした状態でキープします。30秒たったらゆっくり上に上がります。始めはできる範囲で構いません。

3.スロージョギング

簡単に説明すると進むスピードはウォーキングと同じのモーションだけジョギングのような感じでしょうか?疲れずに息が上がらない程度に走ります。疲れないことで体に疲労物質の乳酸がたまらず、効果はウォーキングよりも高いと言われています。ウォーキングが1日に30分と言われているのに対し、スロージョギングは1日10分で十分です。きちんとインナーマッスルも鍛えられ脂肪も燃焼します。

1日たった5分の運動で体脂肪を減らして健康な体へと変わっていきます。
小さな積み重ねが1年後、体脂肪の心配のない毎日を作ります。また5年後も10年後も自分の体が健康であり続けるために今できるわずかな努力を始めてみましょう。

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ダイエット
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.