強制送還

更新日:

強制送還とは、外国人が国内に密入国あるいは、犯罪行為を行った外国人を国家権力により本国に送り返すことを指します。万が一不法滞在で強制送還となりますと日本の場合日本国内に5年間は入国することが出来ません。また以前に不法滞在にて強制送還された過去があった場合には、その5年が10年間入国出来なくなります。ただし出国命令制度の適用があった場合には、1年間入国出来ないとうのが法令の規定になっています。実際に強制送還の手順についてですが、在留資格の失効した外国人が日本に滞在していた場合には、入国警備官の違反調査からはじまり、入国管理局にて両手の指の指紋を採取し、写真と撮ってまず容疑者として扱われます。ここで容疑者という言葉を用いているのは入国管理局法において容疑者という定義を使っているからです。その後本人かどうかの判断を行い。入国審査官の違反審査を行い、違反容疑事実の認定をします。ここでその外国人に帰国する意思があれば帰国するまでに時間はかかりません。外国人労働者を雇用している日本国内企業においては、その雇用している外国人の在留資格期限は、雇用の際にしっかりと確認する必要があると言えるでしょう。

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-未分類

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.