外国人労働者と働く

努力家に感心!

更新日:

私が一緒に働いた外国人労働者は、中国の女性の方でした。仕事は、工場等ではなくオフィスの中での事務の仕事でした。外国人労働者である中国の女性は、中国から来ましたと言われない限り中国の方だとわからないほど、日本語も流暢で上手でした。上司から指示されたことも、ちゃんと聞きとっていて、理解出来ていない日本語はないのではないかと思うほどで、とても感心していました。日本人である私の方が頼りないのではないかと思い、恥ずかしく思う事も多々ありました。とてもしっかりしている中国の女性に、可愛くて面白いなあと思ったことは、日本語がびっくりするほどパーフェクトな中で「毛布」を「モップ」と言っていたことです。いつもがパーフェクトなだけに、少しびっくりで可愛らしくて面白く感じました。しっかりハキハキと喋り、テキパキと仕事をこなす努力家な外国人労働者の彼女は、仕事をする中でとても貴重な外国人労働者だと今でも思います。そんな彼女が、日本人の遠回しな言い方や、遠慮してハッキリ言わない体質に、よくイライラしていたのを覚えています。時々「日本人はハッキリ言わないから嫌だ」と愚痴をこぼすこともありました。外国人労働者である彼女の主張を聞いていると、当たり前のように思っていた日本人の体質に、確かにハッキリ言えば良いのになあと私も思わされることもありました。外国人労働者と一緒に働いて、日本人の良い点も悪い点もわからせてもらえたようにも思います。日本に居て当たり前に過ごしていることや当たり前に接していることが、外国の方から見ると不自然であったり、変わっているように見えたり、日本人の私では感じることが出来ないことを知る良い機会であったとも思います。彼女を通して感じた外国人労働者の一番感心なところは、努力家であること。日本人が忘れてしまっている勤勉さやまじめな気持ちが外国の方からは、すごく感じることが出来ました。生活環境や食生活においても、日本人に生まれ、日本で過ごせていることがとてもありがたいことなんだと実感できました。中国では現在もいろいろな問題が山積みです。日本でこんなに生活・食に安心して過ごせていることは、本当にありがたいことなんだと思います。そんなことも、彼女のおかげで改めて実感出来ました。外国人労働者と働いた経験は、私にとっていろんな面でプラスになっています。私達日本人も、外国人労働者からそんな風に思ってもらえる人になれたら良いなと思います。

FACEBOOK

タグ

-外国人労働者と働く
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2018 All Rights Reserved.