介護

あまり聞きませんが、実は介護施設はトラブルが多く起きています!

更新日:

介護施設

介護施設というのは介護を必要とする人にとって入所できる施設という面もありますが、一方で老後の生活を有意義に生活するための施設という面も持ってきています。そのため健常な人でも将来を見越して入所できるような施設もできていることになります。

しかし介護施設として最も有名、知名度の高い特別養護老人ホームは、介護を必要とする人専門の施設であり、入所者に対して施設が足りていないことで大きな課題になっています。この特別養護老人ホームは、比較的大きな介護が必要な人が入所できる施設であり、同時に、今現在は介護を必要とする高齢者が多くなってきています。
それゆえに施設としては、入所している人を外に出すということは当然できず、入所したいと思っている人に対して、大きな行動を取ることができないような状況となっています。

この特別養護老人ホームに入所できないということで、他の施設を検討するが、入所してみたらサービスの質が伴っていない等のことでトラブルが出てきてしまうこともあります。

有料老人ホームが非常に大きく数を伸ばしており、有料老人ホームを利用するという手段もあるにはあるのですが、介護度が大きくなればなるほど、対応してくれる有料老人ホームは少なくなる傾向があり、入所が難しくなってしまうことがあります。

施設の数自体は多いのですが、特別養護老人ホームの数が少ないなど、施設の種類において偏りがあるのが現状では大きな問題、課題になっていると言えるでしょう。

介護施設でのトラブルは隠れてしまうものが多い

介護施設におけるトラブルというのは、表に出てきているものは少なく、隠れてしまっていることが多いです。多くのトラブルが人間関係におけるものであり、職員同士もあれば、入所者同士もあり、入所者と職員とのトラブルもあります。
比較的入所している人とその家族のつながりが深いとトラブルは起こりにくいのですが、つながりが浅くなると、職員が暴走しやすくなり(職員と入所者の距離が近過ぎになってしまうことや家族の目がないということで職員が横柄な態度を取ってしまうことが多い)トラブルが起こりやすくなります。

家族を入所させる、検討している場合には、年に数回でも良いので、しっかりと入所している家族の下へ足を運び、様子を聞く、話を聞くことがとても大切です。家族がそこに行くことが職員にとっても刺激となり、施設のトラブルを解消していく良い手段になることが多いです。どうしても施設に行くことができない場合には電話をする等のつながりを持っておくことも大切です。
あまりにもトラブルが多い、怪しい部分が多い場合は施設を変えていく検討も必要になります。

外国人労働者雇用~社会保険、労働保険の仕組み~のことならお気軽にご相談下さい。

FACEBOOK

タグ

-介護
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2019 All Rights Reserved.