ヘルスケア情報

眼の健康は自分で守ろう!第八回|コンタクトレンズの選び方

更新日:

08

メガネをかけている煩わしさが無いコンタクトレンズは、現在でも多くの人達に愛用されています。そして「1日タイプ」「1~2週間タイプ」等、その人のニーズにあった商品まで販売されるようになりました!

 

しかし…

 

確かにコンタクトレンズの種類が増えるのは良い事ですが、いったいどれが私に合っているのか?と悩む人も多いでしょう。本日、コンタクトレンズの選び方を3つのタイプに分けて紹介していきます。もし、どのレンズに使用か迷っている人がいましたら是非とも参考にしていただければ幸いです。

 

 

■1:お金を掛けたくない!経済性を求める場合

 

人によっては

 

「コンタクトレンズにそこまでお金をかけたくないな…」

「メガネみたいに長期間使えた方が良い!」

 

と感じる人もいます。

経済性を求める場合「ハードレンズ」にしましょう。

ハードレンズはソフトレンズと異なり、異物感・ずれる危険性がありますが、その分「目に酸素を送りやすい」「日々のお手入れが簡単」「お手入れを怠らなければ1~2年持つ」と言うメリットがあります。

 

異物感については人によって異なりますが1ヶ月~2ヶ月程度で解消されると言われています。

 

 

■2:目の乾燥が気になる!乾燥やドライアイ対策を求める場合

 

デスクワークが多い職場環境ですと、目の乾燥やドライアイが気になると思います。

 

乾燥・ドライアイ対策を求める場合は「ハードレンズ」「1日タイプ」「1~2週間タイプ」をオススメします。ハードレンズは先ほど紹介した通り、目へ酸素を送りやすいため乾燥をソフトレンズよりは防ぐ事ができます。ですが中には異物感に耐えられなくなり、途中で止めてしまう人もいます。

 

そこで1日タイプの出番です!

1日タイプの多くはソフトレンズであり、乾燥が気になる人向けの「低含水レンズ」を選択する事ができます。それに幅広いラインナップを取り揃えていますので、皆さんのタイプにあったレンズを見つける事ができるでしょう。

 

■3:目の健康を意識したい!目の健康を第一に考える場合

 

コンタクトレンズは短時間・長時間関係なく、レンズ内にゴミや細菌が溜まります。

確かに汚れを落とせば多少落ちますが、完全に落とす事は難しいでしょう。

 

そこで目の健康を第一に考えるのであれば、先ほど紹介した「1日タイプ」をオススメします。1日使ったら処分し、また次の日のレンズ…と言う様に常に新しいレンズに交換できるのは目にとって大変喜ばしい事です。

 

「毎日付けるから1日のタイプだとお金が掛かるな…」

そう言う場合、「1~2週間タイプ」をオススメします。

こちらは1日ではなく何週間使ったら処分ですので、毎日使用している人でもコストを抑える事ができます。

 

目の健康を考えるのであれば検討してみましょう。

 

 

最後になりますが、コンタクトレンズは上記のように求めるものによってレンズのタイプが異なります。そのためコンタクトレンズを選ぶ際、何を求めているのかを理解した上でレンズ選びをしてみましょう。

 

さてさて、次回からの内容は目の健康について紹介していきます。

「眼精疲労・目の乾燥」や「近視を改善する」栄養素に取り上げていきます。

 

引用URL

http://www.ashinari.com/2014/09/08-390348.php

FACEBOOK

タグ

-ヘルスケア情報

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2018 All Rights Reserved.