介護

介護を受ける人の味方!トラベルヘルパーのメリットとは?

更新日:

トラベルヘルパー

介護を受けている人は、もちろん好きで介護を受けている訳ではありません。
自分の足で歩いてどこかに行く、もしくは旅行好きの人であれば旅行に行きたいと考えている人もいるでしょう。そんな中、介護を受けていても旅行に行く事ができるサービスが誕生しました。

それがトラベルヘルパーと言う専門集団です。
そこで今回、トラベルヘルパーの特徴とメリットについて紹介していきます。

トラベルヘルパーの特徴とは?

「トラベルヘルパーって言うけど、他の介護士とそこまで変わらないのでは?」
実は大きく違いがあるのです!

介護技術を備えているのは当然ですが、その他に旅行に関する業務知識を備えているのです。例えば介護を受けている人が横浜に旅行に行きたいと言ったとします。
その際、トラベルヘルパーは介護を受けている方から横浜のどこへ行きたいか?またはヘルパー側が提案をします。

そして旅の計画ができましたら、今度は事前調査を開始します。
段差・観光客の状況・介護車が止まれるスペースの確認・宿泊先へ事前に連絡及び打ち合わせを行う等、念入りに事前調査を行います。

旅行当日は、ただ身近で車椅子を押している、または介護しているだけでなく観光名所の紹介や解説等、まるでガイドさんのように活躍してくれます!

そのため、他の介護士とは少々異なる方々が在籍しているのです。

トラベルヘルパーのメリットとは

メリットは3つです
1.先ほども紹介したように旅行の計画をヘルパー主体で行ってくれる。
最初に申し込む際に「どこからどこまでを、何泊何日です」と言えば、その後はヘルパーが中心になって決めてくれるのです。そのため、申し込む側が「ここは車椅子でも大丈夫かな?」「食事や宿泊先はどうしよう…」等のように心配する事もなくなります。

2.重度の介護者であっても旅行に行く事ができる
これは会社によって異なりますが、介護度によって料金は異なるものの例え重度であっても旅行に行く事ができるのです。またプラスαで夜間介護・入浴補助・同室泊等のオプションもできますので、快適な旅行が楽しめるでしょう。

3.海外旅行にも対応している
海外旅行も会社によって異なりますが、一緒に旅行先へ行き介護を受ける事ができます。
中には英語が堪能で現地のガイドまで行えるスタッフまでいます。

以上のようにトラベルヘルパーには多くのメリットがありますね!
もし「介護をしていて旅行にいけない…」「もう一度旅行に連れて行ってあげたい!」そう感じている人がいましたら、トラベルヘルパーを検討してみてはいかがでしょうか?

外国人労働者雇用~社会保険、労働保険の仕組み~のことならお気軽にご相談下さい。

FACEBOOK

タグ

-介護
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2019 All Rights Reserved.