ダイエット

胸筋を鍛えてはいけません!バストを下げないために行いたいストレッチとは?

更新日:

ダイエット

男性の胸筋と同じで女性のバストは、全体のプロポーションに影響します。
加齢と共にバストのトップの位置が下がってきた気がする…バストアップブラ無しなんて考えられない!と思う方も少なくないのではないでしょうか?

バストのサイズは人それぞれで、好みもそれぞれですが、大切なのはバストトップの高さです。バストトップの高さが維持できないと、先ほども言ったように洋服を着た時のシルエットが悪くなります。

この機会に自分でキープする工夫を始めて見ませんか?
本日はバストについて勉強していきましょう!

バストの重さは…

バストの重さが一体どのぐらいかご存知でしょうか?
A~Bカップ…250g~350g
C~Dカップ…400~600g と言われています。
何とこれで、片方の重さです。つまり、バスト全体だと単純に2倍の重さということになりますね。

あまり重さにピンと来ない人に説明するなら、小ぶりのりんごが250gです。これを毎日2つも持ち歩くとなるとなかなか辛いですよね。

バストの中身は?

気になるバストの中身ですが、9割が脂肪組織、1割が乳腺組織です。
つまり、ほぼ脂肪出来ていて、バスト自体の中にはその形を支える筋肉は存在しないのです。
バストの形が崩れていく理由も、納得といった感じですが、そこで諦めるのはまだ早いですよ。
バストは身体に左右12対ある肋骨の「第2~第6肋骨」辺りにあり、バストトップが「第4肋骨」辺りに位置します。
そもそもは、いい位置にある訳ですから、その仕組みを維持する努力をすればいい訳です。

実は、バストを支えているのは他でもない胸筋なのです。
胸筋と聞くと、筋トレをしている方が力を入れてピクピクと動かす大胸筋のことを思い浮かべるかもしれませんが、それだけではなく「小胸筋」という筋肉もあり、両方を合わせて胸筋と呼びます。

「小胸筋」は、小さな筋肉ですが肋骨から鳥口突起という肩甲骨の前側の突起部分についている筋肉で、「大胸筋」の下にあります。
ほぼ斜め垂直方向についているので、バストを引き上げるのに一役買っています。
その上の「大胸筋」は、鎖骨~第1~6肋骨から、上腕部に向かって広くついており、この上にバストがある訳です。

バストを下げないためには

それでは胸筋を鍛えよう!と思いがちですが、私たちは日常生活でよく胸筋を使っています。物を持ったり、持ち上げたりしていますよね?
つまり、バストを下げないためにやらないといけないことは、鍛えることではなくストレッチをして柔軟性をつけることなのです。

胸筋をストレッチで柔らかくしよう

①壁から30センチほど離れて、右手が壁側に来るように垂直に立ちます
②右肘を90度に曲げ、手のひらを壁につけます
③右肩を前に出すようにし、胸筋を伸ばします
④手のひらを軽く肘が曲がる高さまで移動させます
⑤右肩を前に出すようにし、胸筋を伸ばします
これを左右1セット=10回ずつゆっくり10秒行いましょう。

このストレッチをすることでバストの位置も保て、猫背も改善されるので、一石二鳥ですね!
ハリのあるバストで正しい姿勢の姿は、素晴らしいプロポーションになるはずです!
是非試してみてくださいね!

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ダイエット
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.