ダイエット

皮下脂肪と内臓脂肪、2つの脂肪の対策について教えます!

更新日:

ダイエット

実は肥満は肥満ではないのです。
何を言っているかわかりませんよね…。
分かりやすく言いかえると、「肥満」とは1種類ではありません。
ただ肥満といっても2種類があることをご存知でしょうか?
例えば「皮下脂肪」による肥満と「内臓脂肪」による肥満等です。
とは言え、この2つの肥満はいったい何が違うのでしょうか?

そこで今回は各肥満型の特徴と原因について紹介していきます!

皮下脂肪による肥満とは?

皮下脂肪による肥満は別名「洋ナシ型肥満」と呼ばれています。
脂肪が蓄積されるのは主に皮下組織になるので、

  • お腹
  • 太もも
  • お尻
  • ふくらはぎなどに多く溜まります。

そうすると下半身が徐々に丸みを帯びていき、私たちが見慣れている「肥満体系」になるのです。

原因は?

原因は、カロリーの取り過ぎです。
脂肪は適量であれば体内で燃焼され、それぞれの部位に運ばれ活動源になります。
しかし余分な脂肪を摂取すると、体内からは「これ以上必要ないよ!」と脂肪の分解をとめられてしまいます。
すると脂肪を運ぶ細胞が「余った脂肪はいつか使うだろう」と判断して、溜め込みやすい皮下組織に溜め込んでしまうのです。

皮下組織にある脂肪を減らすには運動をして、脂肪を燃焼させるしかありません。
確かに食事制限も必要ですが、無理な食事制限はストレスの原因になりますのでオススメはできません。

内臓脂肪による肥満とは?

内臓脂肪による肥満は皮下組織ではなく小腸や大腸等の臓器に脂肪が溜まってしまう肥満です。
皮下脂肪のようにお腹が出ている人もいれば、見た目は普通で内臓に脂肪が溜まっている隠れ肥満の方々もいます。
ただ皮下脂肪と違う点は、男性に多い肥満体系で燃焼しやすい特徴を持っています。

しかしこれを放置していると、非常に厄介な事になります。
理由は、悪性物質が大量に分泌されるからです。
どんなものかというと、まず「TNF-α」という糖尿病の原因になる成分が、インスリンの働きを妨害して血糖値を上げてしまいます。
血糖値が上がったところに、「アンジオテンシノーゲン」という体内で血圧を上昇させる成分と「PAI-1」という血栓を作り動脈硬化を引き起こす成分が発生します。
そうなるとサラリーマンに多い「生活習慣病」になる危険性がありますので運動を取り入れて燃焼したいものです。

いかがでしたでしょうか?

肥満は主に2種類に分かれており、それぞれ肥満の特徴や原因は異なります。
皮下脂肪はじっくりと取り組んで脂肪を燃焼させる必要がありますが、どちらの脂肪にしろ第一に健康を考えて必ずダイエットを心がけるようにしましょう!

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ダイエット
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.