介護

人間だけではなく、犬も介護サービスを受けられます!話題の犬介護サービスとは!

更新日:

介護サービス

現代では、人間だけでなく犬も介護サービスを受けられる時代になりました。
と言うのも犬の生活環境が良くなってきましたので、それだけ長生きする子が増えてきたのです。それに犬の介護サービスも非常に充実してきています!

ではどのようなサービスがあるのか?1つ1つ見ていきましょう!

自宅訪問型のサービス

以前から行われているペットシッターが、現在では老犬の介護まで行うようになっています。

自宅に訪問し、食事・シャンプー・爪きりや耳垢掃除などのサービス・マッサージやリハビリまで行います。しかし、サービスについては業者ごとに異なりますので事前に確認しましょう。

自宅訪問型の場合、急用や少し気晴らしをしたい、または始めての介護で不安だからカウンセリングをしたい!と考えている人にはオススメです。

短期の預かりサービス

次に紹介するのは短期預かりです。

これは店舗や施設によって異なりますが1日~1週間と言う期限で預かってくれます。
その際、上記で紹介したケアを行う、または獣医が常駐している場合は獣医による健康チェックも行ってくれます。その上オプションを追加すれば、お部屋を変更したり常駐して介護を受けられるシステムまであります。

料金は自宅訪問型よりもとられますが、その分短期間預ける事ができますし何より友達や親戚に預ける以上に安心な体制がとられています。

長期の預かりサービス

「病気になってしまい当分入院するしかない…その間の介護はどうしよう…?」
心配はあると思いますが、現在は長期の預かりも行っている施設があります!

料金は数十万円と高額になりますが、その分1ヶ月~数年と長期間預けることができます。
そして短期預かり同様のケア、または獣医によるチェックまでついています。
とは言え、長期間預ける事になりますのでもしかしたら預けている途中で体調の変化があるかもしれません。

その際、もしも亡くなったとしても施設によっては対応できないと言われる所もありますので、長期の際は他以上に利用規約のチェックが重要です!

最後になりますが、犬の介護施設は増えていますがやはり重要なのは施設にいる人達です。
施設を訪れて、対応が横柄でしたり扱いが乱暴では不安を覚えますよね?
「本当にこの人達に愛犬を任せて大丈夫か?」
それを確認してから介護施設に愛犬を預けるようにしましょう。

そして重複となりますが施設の利用規約にも必ず目を通しておき、もしもの時に騒動になる事は避けるようにしましょうね?

 

外国人労働者雇用~社会保険、労働保険の仕組み~のことならお気軽にご相談下さい。

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-介護
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.