外国人労働者

一般財団法人海外産業人材育成協会

更新日:

一般財団法人海外産業人材育成協会とは、元々財団法人海外技術者研修協会(AOTS)と財団法人海外貿易開発協会(JODC)が2012年に合併して出来た機関である。

設立は1959年8月10日となっており、主に国内外の人材育成に必要な研修生等の受入れ及び研修や専門家の派遣や人材の育成に関する調査などを行っている。

受入れ研修160コース3700人、海外研修40コース1200人、専門家派遣270人、インターンシップ160人とかなりの事業規模を誇る。

国内拠点として東京都中央区、東京都足立区、と研修センターとして東京・関西(大阪市)に有する。海外にも拠点があり、タイのバンコク、インドネシアのジャカルタ、インドのニューデリーがある。

豊富な研修実績やコース内容などがある一般財団法人海外産業人材育成協会は、日本での外国人労働者や外国人技能実習生の受入れを検討している受入れ企業にとってこのような団体を利用し、よりよい人材として外国人労働者を従事させることが望ましいと考えられます。

外国人労働者雇用~社会保険、労働保険の仕組み~のことならお気軽にご相談下さい。

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-外国人労働者
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.