介護

介護食の配色サービスに組み合わせたいサービスといえばコレ!

更新日:

介護サービス

高齢者人口が上昇するとともに、高齢者世帯の数も急速に増えてきていますし、これからも増え続けることが予想されています。
また、核家族化も大きな課題となっており、今後一世帯当たりの人数はさらに減少し、高齢者にとっては日常生活そのものに不安を抱える時代が来ています。
特に緊急時の対応や孤独死の問題などは、高齢者世帯の増加に比例して今後深刻になると考えられていますので、早急な対策が必要だと言えるでしょう。
こういった見守りサービスは介護保険サービスの中でもホームヘルパーを利用したものが良く利用されていますが、介護保険外のサービスでも対応することができるようになってきていますので、どんなものがあるか調べてみるのも良いでしょう。

費用と内容は?

高齢者の安否確認サービスにはいろいろな介護保険サービスが利用されますが、その一つがホームヘルプサービスです。
ホームヘルプサービスは短時間の提供サービスが設定されていますので、一回200円程度で利用することができます。
ただし、毎日朝昼晩の3回の安否確認にホームヘルプサービスを利用すると結果として割高にもなりますし、他のサービスが使えないのでデイサービスやショートステイなどを利用したり、家族が見守りしたりするのが一般的です。

サービスに組み合わせするなら…

ホームヘルプサービスは1回当たりの利用ごとに金額が設定されていますが、同じようなサービスに「配食サービス」があります。
配食サービスとは食事を届けるサービスですが、基本的に配食する際に安否確認サービスが付いています。
食事を届ける際に声掛けを行い安否の確認をするとともに、状態の変化が見られた場合は担当のケアマネージャーや家族へ連絡するサービスです。
配食サービスはお弁当代500円~1000円程度に安否確認サービス料が含まれるので、栄養バランスがとれていて安否確認もしてくれるならお得だと感じる人も多いのではないでしょうか。

補助金をうけているところも…!

また、配食サービスという名称を使っている事業所は多いのですが、実は公的補助を受けて運営している事業所とそうでない事業所があります。
当然補助を受けている配食サービスは食事の単価が安いので経済的負担は少なくて済みます。
市町村の窓口や配食サービス提供事業所、ケアマネージャーなどに相談して事業所を相談してもらい直接連絡すれば利用の申し込みができます。
最近は補助を受けていない事業所でも、安さや質の良いものを提供しているところも出てきているので選択肢は非常に広がっている点も配食サービスのメリットだと言えるでしょう。

外国人労働者雇用~社会保険、労働保険の仕組み~のことならお気軽にご相談下さい。

FACEBOOK

タグ

-介護
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2018 All Rights Reserved.