介護

食べることの喜び。介護する方にも負担を掛けず、介護食を美味しく手軽に!

更新日:

介護食

歳を取り、身体の機能が徐々に衰えていくことは避けられません。それと共に摂食機能も低下し、食事の形態を変化させていく必要がある場合もあります。
食べることができる、というのは生きていく上で必要不可欠のものであり、喜びでもあります。
介護する方も要介護の方にも負担のかからない、楽しく食事を目指しましょう。

規則正しくより多くの食材を取り入れる。
食事の時間は、一日の生活リズムの目安になります。規則正しく食事することで、生活や身体のリズムも整えられます。
また、介護食だからと家族とは別のものを用意するのではなく、同じ献立を用意します。栄養が偏らないよう多くの食材を使い、食べる方の状態によっては食べにくいから、と拒否されるかもしれませんが、タンパク質も重要な栄養源ですので、魚や肉、卵などは毎日とるようにします。咀嚼や飲み込み易い形状にする前に、何を食べるのか見せて声かけをするなど工夫して、できるだけストレスを軽減してあげると良いでしょう。

在宅介護の強い見方、手に入れ易くなった市販の介護食。
在宅介護をされている方向けの介護食レシピや通信講座、料理教室などはたくさんあります。しかし在宅介護が増えつつある昨今、市販の介護食のニーズは高まってきました。
来店客の年齢層上昇に伴い、コンビニ業界でさえ介護食の宅配サービスを積極的に取り入れています。咀嚼したり飲み込んだりする機能が低下した高齢者の多くが、思うように食事を取れず栄養不足が問題視されていましたが、今や企業がこぞって参入し、ドラッグストアやスーパーで大変手に入れ易くなりました。値段も一つ150〜200円程度のパウチパックが主流で家計にも優しいものがたくさんあります。
また、固さや状態によって段階分けされているのでその人にあったものを選べて、味も多種多様で迷ってしまうほどです。
介護施設や通販が主流だった介護食がすぐ買いに行けるという手軽さは、在宅介護の高齢者にとって、朗報ではないでしょうか。

見た目も味もそのまま、食べる意欲を引き出す!
市販の介護食が身近になったのは良いことですが、やはり、摂食機能の低下により段階の進んだ介護食の見た目や味に満足感を得られず、食べる意欲がわかない、食べる食材や量が減るという方も多いと思います。赤ちゃんの離乳食とは違い大人が食べるものですので、見た目や味というのは重要です。
そんな介護食の中には見た目も味もそのままですが、スプーンで簡単に潰せるくらいの柔らかさを兼ね備えたものがあります。ステーキや焼き魚といった、それまで介護食を食べている方にとって困難であった献立が食事の楽しみを思い出させる、食べる意欲を引き出す、良いきっかけになるかもしれません。
最期を迎えるその時まで美味しく口から食べるという喜びを持ち続けてもらえるよう、楽しい食卓をつくってあげましょう。

 

外国人労働者雇用~社会保険、労働保険の仕組み~のことならお気軽にご相談下さい。

FACEBOOK

タグ

-介護
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2018 All Rights Reserved.