ヘルスケア情報

人には相談しづらい。女性特有の尿トラブル~失禁~

投稿日:

人には相談しづらい。女性特有の尿トラブル~失禁~

出産や加齢、肥満などによって女性の骨盤底がゆるむと、骨盤内の尿道や内臓を支えきれなくなります。骨盤禎がゆるんで、それまで支えていた尿道が動きやすくなったところへ腹圧がかかると、尿道が膣の方へ下がっていき開いやすくなります。これが女性特有の尿トラブルの原因です。

特に「腹圧性尿失禁」と「骨盤臓器脱」は骨盤底のゆるみが招く女性特有の病気です。骨盤底は、いくつもの筋肉と靭帯、筋膜で構成されています。これらが編み込まれてちょうどハンモックのように張られ、骨盤内の臓器を支えています。

女性の骨盤底は男性に比べて尿道、肛門、さらに膣という出口があるため、構造的に弱くなっています。

 

腹圧性尿失禁の症状と治療法

腹圧性尿失禁は、咳やくしゃみ、重いものを持ったときなどに腹圧がかかることで起こる尿もれです。進行すると小走りに走ったり、歩くだけでも尿もれが起こるので日常生活に支障をきたします。

治療法はまず問診とテストを行います。尿がたまった状態で内診台に乗り、医師の指示で咳をしたりいきんだりして、どれくらい尿がもれるのか調べます。もちろんバッドをして、テストが終わったあとパッドの重さを計って調べます。

尿もれが軽い場合は、体操や薬物などの保存的療法がとられます。体操はゆるんだ骨盤底筋を鍛える運動です。薬物治療は、尿道の括約筋の収縮を強めるもので、根本治療にはなりません。体操の効果が出るまでの補助として使います。

症状が重い場合には、手術が行われます。メッシュ状のテープを尿道の下に通して尿道を支え、尿もれをおこりにくくします。

 

骨盤臓器脱の症状と治療法

骨盤臓器脱は、入浴時に膣から出ているピンポン玉のようなものに触れてわかることが多いようです。症状は、臓器が下がることによる違和感や不快感、下着にこすれて出血したり、頻尿、尿もれ、残尿感、排尿困難などのトラブルが起こります。

骨盤臓器脱の治療法としては、下がった臓器の脱出を防ぐために装具を用いる場合があります。膣内にリング状のペッサリーを挿入する方法と、膣口に当てるクッションを取り付けたサポート下着で臓器を受け止める方法です。

根本治療としては最近増えてきた手術療法としてTVM手術があります。これは腹圧性尿失禁の時にも使われ、メッシュシートを入れて骨盤底を支えるもので、体への負担が少ないものです。しかし、子宮自体の病気がある人には使えませんから、その場合は従来の膣式子宮摘除などの手術が行われます。

 

 

写真出典:photoAC

http://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC&srt=dlrank&pp=119

FACEBOOK

タグ

-ヘルスケア情報

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2018 All Rights Reserved.