ダイエット

食べて塗って…。万能アイテムのココナッツオイルで新感覚ダイエット!

更新日:

ダイエット

欧米の女優やセレブによりその名を轟かしたココナッツオイル。
すっかり日本でも美容や健康と役立つ必須アイテムになっていますよね。
ココナッツオイルと言えば、活性酸素を除去する強力な抗酸化作用…。細胞の酸化を防いでシワやシミ、そして毛穴の改善などアンチエイジングをサポートしてくれるのは有名です。

今回はもう一歩踏み込んでみたいと思います。
実はココナッツオイルの力はそれだけではなく、ダイエット効果にも期待できます。油なのに脂肪を燃焼してくれるのは不思議ですよね。
この特性を生かした「ケトジェニックダイエット」という新発想のダイエットにも焦点を当ててご紹介していきましょう。

ココナッツオイルはオールマイティー?

ココナッツオイルは「食べて良し、塗って良し」の万能アイテムと言われています。その効果は以下の通りです。
、便秘改善、糖尿病予防・改善効果、動脈硬化予防、免疫力向上、美白、アンチエイジング、甲状腺機能低下の改善、活性酸素の除去

など、これだけでもものすごいアイテムだとわかりますよね。ココナッツコイルの最大の特徴は、中鎖脂肪酸であることです。私たちが一般に食しているサラダ油などは長鎖脂肪酸と呼ばれています。この脂肪酸は体に吸収された後、脂肪組織や筋肉、肝臓に運ばれて貯蔵されます。そして必要に応じてエネルギーに変換されますが、摂取し過ぎることで肥満の原因になります。
ところが中鎖脂肪酸は、直接肝臓に運ばれ素早く分解され、すぐにエネルギー変換されるため脂肪になりにくい脂肪酸です。さらに中鎖脂肪酸は、動物性脂肪の燃焼を助けてくれる働きがあり、体についてしまった体脂肪を減少させる効果があります。このようなことから、ココナッツオイルをダイエットに役立てる「ケトジェニックダイエット」が生まれました。

ケトジェニックダイエットとは?

一言でいえば、脂肪がどんどん燃える体を作る新しい食事法です。カロリーのことは一切考える必要がなく、特別な運動をする必要もありません。
そして何よりもお肉好きにはたまらないダイエット方法とも言われていますよね。
このダイエットは糖質ダイエットに近いもので、原始時代に戻るダイエットともいわれています。とにかく良質のタンパク源である肉を主食とし、糖質をカットします。
人の祖先はもともと狩猟民族で、肉を食べてエネルギーを作る「ケトン体回路」というものを持っていました。文明が進み農耕民族になった時、お米など糖質を多く食べる食生活に変化し、このケトン体回路が働かない状態になったと言われています。
体が三大栄養素をエネルギーとして使う順番は「糖質」「脂質」「タンパク質」です。糖質がなくなると身体は脂質を使ってエネルギーを供給します。この過程でできるのがケトン体です。ケトン体を作る回路を活性化し、体脂肪を効率よく燃やせる体を作っていくというのがこのダイエット方法の要です。
そしてその要をサポートするのがココナッツオイルです。中鎖脂肪酸が豊富なココナッツオイルを摂取することで血液中のケトン体濃度が上昇します。ココナッツオイルは、ドレッシングや揚げ物、炒めものなどに使えるので、毎日スプーン1~2杯のココナッツオイルを摂取するようにしましょう。
万能なココナッツオイルを食べて、美容も健康も手に入れましょう!

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ダイエット
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.