外国人労働者

外国人労働者の過労死

更新日:

過労死とは、労働基準法を超える長時間労働や時間外労働の残業や休日出勤の強制など、通常を超える勤務を課せられ精神的、肉体的に負担がかかることが原因で心筋梗塞、脳出血、クモ膜下出血、急性心不全、虚血性心疾患などの脳や心臓の疾患などで突然死する場合やその過労状態が原因で自殺に追い込まれた場合などのことを過労死と言います。

外国人労働者にも発生してきているようです。

また近年では、過労が原因で鬱病になり自殺に追い込まれた場合でも過労死と認定されています。

また言葉としては過労による自殺を過労自殺という用語もあります。

また過労死というものが元々日本で起きている異常な現象からいかにも日本的な現象として世界に報道されることもありましたが、現在では日本のみならず世界中で過労が原因で死に至るケースも増えてきています。

外国人労働者の過労死認定のも出ています。

外国人労働者である外国人技能実習生が実習実施期間中に働きすぎが原因で過労死したケースがあります。

いづれのケースも1年目の外国人技能実習生というよりは2年目以降の外国人技能実習生に多いことが統計から見られます。

2008年には外国人技能実習生のうち35人が何らかの原因で死亡しそのうち長時間労働などが原因とされる過労死に該当するであろう外国人は16人とされています。

2009年度は27人に増加している。これは明らかに外国人技能実習生という言葉だけで低賃金による過酷な労働や長時間労働を強いている可能性が高いと思われる。

外国人労働者雇用~社会保険、労働保険の仕組み~のことならお気軽にご相談下さい。

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-外国人労働者
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.