外国人技能実習制度

技能実習計画

更新日:

技能実習計画とは、日本国内における外国人労働者である外国人技能実習生が技能習得の為に実習実施機関において計画を立てることを技能実習計画と言います。

外国人技能実習制度の本来の目的とは、日本国にて培われている技能等を開発途上国への円滑な移転と開発途上国の経済発展を担う一番大切な人づくりが大切と考えられています。

人材育成の観点から技能実習計画をしっかりと作成しが外国人技能実習生が技能習得にあたり効果的に効率的に習得すつ為にも技能実習計画をしっかりと作成する必要があります。

技能実習の職種・作業の範囲については製造業の生産現場において多様な作業が行われている実態を踏まえ、2010年1月に改正された技能実習制度の基本的な考え方を示す技能実習制度推進事業運営基本方針において技能実習計画には移行対象職種・作業の技能検定等において評価される技能等に加えて、当該職種・作業に従事する日本人労働者が通常従事しているものとして関連する技能等を修得することを計画に含むことが認められることになりました。

外国人技能実習制度を活用するために必要な情報になります。 ~社会保険、労働保険の仕組み~のことならお気軽にご相談下さい。

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-外国人技能実習制度
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.