ダイエット

食事を変えることで太った下半身を改善しよう!

更新日:

ダイエット

自分ではそんなに太っているつもりが無くても、何故か下半身だけがふっくらしている人は割とたくさんいますよね。
これはいわゆる下半身太りと呼ばれるものです。
特に女性がなりやすく、なかなかお肉が落ちにくいことから解消するのが難しいと言われています。

このように下半身のみのような部分やせを実現するには、まずその部位が太っている原因を知ることが必要です。

原因を知る

例えば、下半身だけ太っている場合は老廃物の排出が滞っている場合が多いです。
本来、排出されるはずの老廃物や水分が溜っていくと、むくみが発生し、そのままにしていると、セルライトを引き起こし体の冷えを招きます。
冷えることで代謝が低下し、むくみとなって現れます。
加えて便通が悪くなり肌トラブルまで起こすこともあります。

改善法は?

下半身太りを解消するためには、食事の内容を変えるのが効果的です。
ただ食べたいものを食べるという食事のスタイルから、下半身太りを改善する食材を中心とした食生活へと変えることで、おのずと下半身はすっきりと痩せてきます。
では、どういった食材が下半身太りに効果があるのでしょうか?

①野菜
きゅうり、かぼちゃ、大根、アボカド、すいか、セロリなど。

・きゅうり
ほとんどが水分ですが、糖が脂肪に変化するのを抑える成分が含まれています。
血行を良くするルチンも含むので、ダイエットに向いています。

・かぼちゃ
余分な水分を取り除き、解毒してくれる作用があります。
また体を温めてくれる効果もあります。

・大根
便通を良くする効果、余分な水分を排出し、むくみ防止作用があります。
生で食べることがポイントなので、大根おろしやサラダにして食べましょう。

・すいか
カリウムやシトルリンが豊富でむくみに効果があり、脚やせにピッタリな食材です。
ただし皮に多く含まれるため、できるだけ皮も一緒に摂取しましょう。
皮を使った漬け物や皮ごと使ったジュースなどがおすすめです。

②海草類
昆布、わかめなど

海草類はミネラルを豊富に含み、血行や水分の代謝を良くする効果があります。
余計な塩分を排出する作用もあるので、むくみに効果絶大といえます。
食事の中で一日に一回は摂るようにしましょう。

③水分
お茶やコーヒー、ジュース等ではないもので十分に摂取しましょう。

逆に、下半身太りの原因となるのは、次のような食べ物です。
・脂質
バター、マーガリン、マヨネーズ、菓子類
・糖分
ケーキなど
・香辛料
・濃い味付けのもの

普段の食生活を見直すことで、少しずつでも下半身太りは改善することができます。
すらりとした下半身を手に入れて、無駄なお肉の無い美しい体を手に入れましょう!
ただし、妊娠前や妊娠中の女性は皮下脂肪は必要なものなので、落としすぎないよう心がけましょうね!

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ダイエット
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.