外国人労働者

移民

更新日:

移民とは、長期に渡る居住を意味しており、観光や旅行は通常含まないのが一般的である。

ただ一年以内の居住を指す季節労働者は、移民として扱うことが多い。国内から出ていった移民を移出民(emigrant)、国内に入ってきた移民を移入民(immigrant)と言う。受入国の法的手続きをせずに移入した人々を不法移民と言う。同じような言葉で移住や移住者をいう言葉が現在では一般的である。

また移住労働者や移民労働者も言葉としては、外国人労働者と同じ意味を指す場合もあります。

また日本においては、少子高齢化により労働人口の減少が著しい為、世論では移民の受け入れか否かという言葉がマスコミなどで騒がれることがあるが、日本という島国文化の場合、海外のように移民受入れ政策などは、なかなか日本の文化には、適応が難しいと考えられ、労働力の確保として移民の受け入れではなく、単純な外国人労働者の受入れという言葉を使うことが広く一般的である。

ただ実際には、出生率が2.07以上をでないと現在の人口が維持できないという試算が出ており、毎年20万人の移民受け入れを政府が検討しているという事実もある。

20万人の移民受入れとなると外国人労働者における単純労働者の受入れが不可欠となり、治安の悪化などが懸念されていることも事実である。

外国人労働者雇用~社会保険、労働保険の仕組み~のことならお気軽にご相談下さい。

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-外国人労働者
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.