マーケティング セミナー

38才後継者のオレがボンド塾に行ったワケ

投稿日:

!?なんスカそれ?

ある経営者の勉強会の後にある交流会で初めて聞いたのが最初の出会いでした。

経営者の世界は尊敬する人同士の縦社会。
尊敬する先輩が言うならと。。
ゼロタイムポチって言うルールがあるのです。

それで、飲み会の席で言われるままにゼロタイムポチで参加する事にしてみたのです。

ゼロタイムポチでは今までトライアスロンとか、ウルトラマラソン200キロとか、信じられないポチを繰り広げて来た世界があるのですが、今回はハードル低くて助かりました。。。

トライアスロンじゃなくてよかったε-(´∀`; )
まぁ、そこは経費も時間も大量にかかるので相手を見てハードクロージングって事なんですけどね。

で、ココがそのボンド塾のホームページです。
http://bondjyuku.com

体験者の話が見れるのと概要出てるようですが???。。。

???(´◉ ω ◉`)???も、申し込みボタンがない!??なんじゃそりゃw

オレ「これ、申し込みボタンないですよ!」と先輩に話すと。。。

先輩「そうだよ。だって紹介制だもの、紹介者しか行けないの。」

オレ「。。そうなんですか。。。それは面白そうなw 貴重な情報をありがとうございます。
まずは行って勉強してきますね。後で感想のご報告させていただきますので、またお願いします。」

先輩「おう。たのしんできなよ。オレが申し込み連絡しておくから折り返し来たら自分で対応してくれよ!!」

 

そんな軽い感じでスタートしたボンド塾でした。。。

まさか、こんな気持ちになるなんて。。。
知識や、ノウハウなら常に消化吸収には自信があった自分だったのですが。。。
いきなりそうくるか!?ありえない!
自分の軸がぶっ壊される怪しい体験でした。

 

ところで、ゼロタイムポチって知ってますか?

私のいる経営者塾などで流行っているだけなのかもしれないのですが、ゼロタイムポチとか、ノータイムポチとかって言われている行為なのですが、これがまたスゴイルールなのですよ。

 

経営者塾などでは、自分が尊敬する業界の先輩経営者の方に相談に乗っていただくメンターなどをお願いする事になるワケですけど。。
その際に先輩は後輩のために役立つ情報やセミナーやイベント、集まりなどを紹介してくれるとするとします。

その際に、後輩はゼロタイム、ノータイムで即行動すべし。という暗黙のルールがあるのです。

最初は、それなんの意味あるの??と思っていたのですが、実はとても深い意味があったのです。今回もそれなのです。

そもそも、先輩経営者さんは、自分の年商の二倍から10倍の規模の方を自分で選んでいますよね。
この方はインチキ成功者でもなく、インチキコンサルでもなく、正真正銘の実践者の方になります。

その方が自分の為に出してくれた情報は、真心と思いやりがこもった情報に間違いないという前提があります。
また、その情報は、当然に自分にとって成長のための情報になります。
その思いを組みとって感性で行動を決断する。

これを感即動というらしいです。

理解感銘したのに動かないのは、感 だけで感動ではないそうです。

なので、経営者の集まりで感動しました。と言って行動に移さない人は軽薄、いい加減といわれ誰からも相手にされなくなっていくそうです。

なぜ感即動かと言いますと。。。
経営者は常に環境変化の最前線にいなければならないので、転がる石のように常に動き続けていけ。転がる石にコケはつかない。
なんて意味もあるそうです。

まさに、ローリングストーンってのはこういう意味だったのですかね?

さておき、経営者として目の前の先輩経営者が、私のために時間を割いて紹介してくれる情報に対してポチれないってのはとても無礼なので私はいつも金額と時間さえ許せば即ポチしてます。

サラリーマン時代の友人に話すと、怪しいとか、もっと調べりゃいいの。なんて言われるのですが、相手は詐欺師でもインチキ野郎でもないのでw

また、最初はもっと調べてからとか思っていたのですが。。。
考えて見ると、一般化されてサラリーマンが分析できる程度の情報ならいく意味ないですよね。本などで十分です。

真の情報は、ネットにも本にテレビにも出ないのではないでしょうか?
すべて人づて、人のご縁からいただけるモノだと今は考えていけるようになったのでそんな風に考えています。

そんな背景からノータイムポチ、ゼロタイムポチが当たり前の社会に参加しています。

感即動

これが出来るのも尊敬出来る先輩経営者の皆様のおかげです。
心から感謝しています。いつもありがとうございます。

で、なんでこんな前置きしたかと言いますと。。。

こういう紹介の場合は、すごーく怪しいか、すごーくハイレベルか?のどちらかなのです。
今回がどちらにあたるかは、読む方の感じ方しだいですけど。。。

ボンド塾は東京、静岡、名古屋などの三箇所で開催されているようです。

ボンド塾の意味はなんだろう??

わたしは、東京で開催された期に参加してきました。

全部で6講義あるウチの3回目になります。

 

 

ボンド塾をここまで受けて、なんか書かずにはいられない衝動にかられて書いています。

新宿御苑駅を出て徒歩3分くらいにあるこぎれいなビルの三階で開催されていました。

ある企業の大きな会議室です。50名以上入れるレベル。

これは。。。普通の貸し会議室を借りているワケではない。
なので、相当信用ある人なんだなと感じました。
ウチの会社の会議室の二倍。。。しかも、ウチの会社なら相当信用ないとお貸ししないです。

早く着きすぎたせいか、まだ参加者はポツポツ。
まさかこんだけだったりして(^◇^;)

と思っていたのですが、気がついたら超満員。。。マジかよ。。

年齢は、20代から60才くらいまでバラバラで男女比も半々くらい。

うーん。。。微妙。。。なんとなく溶け込みにくい。。。

これがまさかボンド塾の戦略だったのは後で知ることになるのでした。

しかも、参加者実績がすごいです。

経営者さんや経営者の卵の方、私のような後継者も含めてですが、かなり有名な方も職場教育などで活用されているとか・・・。

全然しらんかったけど、なんかスゴイですね・・・。

不思議な感覚を受けました。

 

講義での具体的な内容は、守秘義務があるのでここではかけませんが、学んだ効果については書かせていただきます。

ボンド塾

ボンド塾

ボンド塾の講師は、川上美保さんという女性の方です。

ボンドガールという職業らしいです。。。(^◇^;)

一言で言うと、法人営業のプロですね。

それもいわゆる天才的ではなく、中小企業で一番必要な営業ノウハウを積み重ねてきたタイプの方です。

経営者の八割の時間は営業現場に使え。なんて言葉を実践されてきた方だなと思いました。

だから、いろいろ全然すごくないのに。。。とってもスゴイんです。

社会人としての出発点が低かったからこそ、自分で継続学習して研鑽して研鑽して研鑽してきたから。。。普通の人とは違うんです。

でも、全然、すごくないし、迫力もなく、講師っぽくもなく。。
偉そうな秘訣もなく、自己満伝説もなく。。。

ひたすら、ひたすら、その人の中にある個性を引き出し続けてくれる努力をしてくれるのです。。。ネタバレだったら消します。

 

ボンド塾の三講義を受けての感想は、最高でした。
正直、人生が変わりました。
家庭も、職場も、営業も。。。

ちなみに、個人的な営業成績は160%アップしましたw(*゚∀゚*)ムッハー

私は、私自身をコントロール出来ていない状態だったんだと思います。

ボンド塾のボンドガール美保さんは、ご縁、キズナ作りをする専門家。

ご縁、キズナ作りってのを丁寧にしていくと、それって営業そのものなんですよね。よくわかりました。

そりゃそうですよね。
母親目線でお客様や職場を子供だと思ってケアして行ったら。。。
成績は爆揚げです。

 

わたしも営業には、一家言あります。

ビジネスマンの仕事はたった2つだと社会に出て学びました。
1 人から好かれる事、楽しませる事
2 好かれてる相手の利益になる情報を提供してサポートすること

この二点を母親の気持ちで、子供をケアするレベルまで追求する!!!
これで失敗するワケがないですね。本当に感謝です。
とにかく自分はとてもハンパだと思いました。。

 

そして、次にここでも出ました。即行動!!!

ボンド塾は、毎回確実に宿題がでます。

でも、チームでやるので楽しく安心してできます。

ここが特に普通のセミナーと違う部分なんだと思います。

なんというか、究極のところ、美保さんはママさんパワーがあるので、全体も参加者全体がファミリーになった感じで温かく包まれてしまって。。。

気がついたら、相当なボリュームをやってしまっています(^◇^;)

ボンド塾

ボンド塾

そして、私はその事に気づくのです。。。

家族や職場で包容力を発揮していない自分の器の小ささに。。。

考えてみりゃ、そりゃそうだ。。。
家庭は外部環境悪くても、母親が明るく楽しくしてくれてた。。。

でも、オレって。。。バカだったなぁ。。。
スキル、ノウハウ、能力主義に囚われてました。。。

オレの母親は、今から数年前に病気で急逝しました。

だから、ボンド塾に行って、ボンドガール美保さんに学んで心からわかりました。
自分の母親に心から感謝して、謝りたい。
恥ずかしいけど、この場を使って謝ります。

母さん、今まで本当にありがとう。
そして、バカなオレで迷惑かけてごめんなさい。
オレは、父さんの後を後継者として継ぐことになったけど、母さんがくれた思いやりと真心を家族と職場に与える自分になります。
迷惑ばかりだったけど、家族や職場の人を幸せに出来る経営者になります。その事をこの場を借りて誓います。

なんとなく、後継者として生きてきてしまったわたし。
経済的にも比較的恵まれていたので、何の感謝もなく、テキトウに気遣い程度で生きてきたワケです。本当に情けないですね。

そして、現在ボンド塾を受講から三カ月経過して、家族でも職場でもうまくやれるようになってきました。

周囲とはいつも笑顔でコミュニケーションでき、妻にも感謝できています。

身の回りに起こる環境変化やゴタゴタに左右されずにいけるようにヒトや環境のせいにしない!!

そんな風に考えたら・・まだまだ変われる、成長出来る感じがつかめてきています。

しかし、まだまだ半分w あと半分あります。

ここからいったいどうなるのでしょう。ワクワクしてしまいます。
人生は不思議です。詰め込む先生と引き出す先生なんてのがいるんですね。。。
美保さんと出会って引き出してもらうと、やれちゃうから不思議なんですよねぇ。。

そこで、最後に調査してきました。これは本人以外からの情報なので、間違っていたら修正するかもです。

美保さんがこの不思議な世界を作れるのは、20年かけて、私たちのように先輩経営者さんに言われては、あのセミナー、このセミナーと仕事を続けながら通い続け学び続けてきたそうです。。。
その学びのエッセンスが母親力と合わさることで、ボンド塾の学びになっているようです。

美保さんは、子育てしている人が働ける環境作りの為に会社を作り進めてきたようです。今でいう女性進出のハシリのような方らしいです。
社会起業家、女性の社会進出支援などでは、
とても有名な方との事です。

皆さんがいつか美保さんと出会ってくださいますように。(`_´)ゞ

編集 ボンドボーイ B作

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

タグ

-マーケティング, セミナー
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2018 All Rights Reserved.