外国人技能実習制度

技能実習のための雇用契約書

更新日:

技能実習のための雇用契約書とは、外国人労働者である外国人技能実習生と日本国内の技能習得をする実習施機関との間で締結する雇用契約書のことを指します。外国人労働者である外国人技能実習生はその国の文化の特徴が違う為、日本の法令や実習実施機関での常識的ルール等をあまり理解せずに技能実習に入る為、実習実施機関でのトラブル等発生する可能性があります。万が一トラブル等発生すると外国人であるということから言葉や文化の違いもありその解決は非常に困難を極める可能性が高いと思われます。外国人労働者である外国人技能実習生と実習実施機関の日本人労働者とのトラブルを未然に防ぐ為、実習実施機関と技能実習生との間で労働契約上の権利や義務関係を書面として明確にしておくことは非常に重要と言えます。技能実習生が入国する前に、日本語と外国語で雇用契約書の書面を作成し、外国人労働者である外国人技能実習生本人と労働契約をしっかりと締結する必要があります。

外国人技能実習制度を活用するために必要な情報になります。 ~社会保険、労働保険の仕組み~のことならお気軽にご相談下さい。

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-外国人技能実習制度
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.