ダイエット

産後のママが行うべきダイエットとは!

更新日:

ダイエット

ダイエットとは、何も食生活の乱れなどによる体型の乱れだけを改善するものではありません。
今回は少し視点を変えて、出産後のママの「産後ダイエット」に焦点を当ててお話ししていきたいと思います。

産後の食事について

まずは、ダイエットの基本についてお話ししましょう。
ダイエットとは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが大切になってきます。
理論的には、消費カロリーの方が摂取カロリーより多ければ、太らず、その逆だと太りますよね?
しかし、人間には本来備わった飢餓に対する防衛本能があるので、むやみに摂取カロリーを減らせば良いという考え方では決して上手くいきません。
飢餓に対する防衛本能ですが、具体的には皆さんも悩まされるリバウンドという形で、ママの体に現れます。
ですので、「防衛本能が作動しないように」摂取カロリーより消費カロリーを多くすることが産後ダイエットの秘訣と言えますね。

特に産後は、今まで赤ちゃんのために一生懸命ご飯を食べてきた名残で、食事を減らすことに違和感を覚えるので、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。ですので、むきになって何も食べないという手段を取ることは絶対にやめてください。
産後のダイエットは、量より質が大切という事を頭に入れて、食事のポイントについてみていきましょう。

食事のポイントについて

まずは基本ですが植物性たんぱく質を多く含む大豆食品、野菜類、キノコ類、海草類などをバランスよく摂取しましょう。
動物性たんぱく質は、肉類よりも魚を摂る事も心がけましょう。
カルシウムや鉄分の栄養素は、ママと赤ちゃんの体両方にとって大切な栄養素となります。
高塩分、高脂質な食事は摂らないようにし、毎食ごときちんと栄養バランスを摂る事が大切です。
主食、汁物、主菜、副菜を組み合わせて、偏らずにバランス良く栄養を摂るようにしましょう。

目安の量は?

大体の目安ですが、一番食べるのは朝、そして次に昼、最も量を減らすのは夜にしましょう。
食事の時間で摂取カロリー量を調整する事は、ダイエットの基本です。
太りやすい食事は、朝食を抜いて昼食は普通にとり、夜はたくさん食べるパターンです。
朝しっかりと食べて、エネルギーを蓄え、夜は脂肪の蓄積を抑えるために食事量を減らす事を意識しましょう。

オススメの食事法は?

時間がある方は、朝ご飯をパンからヨーグルトやスムージーに変えてみましょう。
勿論、スナック菓子など食べている間食は今すぐ辞めるべきです!
間食の時間をスムージーにしたり、果物を食べるように変えるのもオススメですよ!

太ってしまうから避けたい炭水化物の「白米」ですが、
酵素玄米や冷ご飯にしてみましょう!
この酵素玄米は、寝かせる事によりうまみがアップし、免疫力や新陳代謝アップにも効果的で、冷ご飯は、摂取カロリーが単純に半分になりますよ!
小松菜やほうれん草などの鉄分を多く含むものを使ったメニューがオススメです。便秘や貧血の予防もできる簡単なメニューが良いです。けんちん汁や豆乳鍋など、1回に大量に作り何日かに分けて食べてみるのも、簡単で良いと思います。

産後のダイエットは、子どもにも悪影響を及ぼすので、しっかりと栄養を摂りながら行いましょう!
ママとは言え、まだまだ一人の女性です!美しさを保つためにも行っておきたいですね!

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ダイエット
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.