ダイエット

同い年に差をつけよう!衰える体型に出来る対策を勉強しよう!

更新日:

ダイエット

何だか、昔は嬉しかった誕生日もどんどん嬉しくなくなりますよね。
加齢によってお腹や腕、足、顔と部分によってだんだんと劣化していくのもみるとうんざりすると思います。
果たして、私たちの体は、年齢によってどのような変化をしていくのでしょうか?変化に合わせた対策をしていくためにも勉強していきましょう。

まずは10代から見ていきましょう。
女性の体が大きく変わり始めるのは10代後半です。
成長ホルモンの分泌が落ち着き、バスト、ヒップ、ふとももなどに皮下脂肪がついて女性らしい体に変化していきます。

次に20代です。10代後半からだんだん20代前半を過ぎてくると、より大人の女性らしいスタイルになります。暴飲暴食などをしない限りはウエストまわりも細くなり、体重も落ちやすくなります。

25歳を過ぎると、突然体に変化を感じ始めます。
何故かというと皮下脂肪の減少がおさまるからです。
これにより、くびれが無くなり始めここで気づいて運動を始めないと、どんどん皮下脂肪がついていくことになります。

最後に30代です。20代後半から何も対策をせず自堕落な生活をしていると、ウエストにメリハリがなくなり、下腹部が出てきます。
もちろん、同時に体重も増えアンダーバストなど上半身に脂肪がつきやすくなります。
そして30代後半にはバストのボリュームや形にも変化が出始めます。
また、足首など「え?そこが太るの?」という場所がぶくぶく太り始めます。

体の変化の原因は?

原因は、女性ホルモンの減少です。
女性は、女性ホルモンの分泌が少なくなると、全体的に脂肪がつきやすくなってしまいます。

そして基礎代謝の減少が始まります。
基礎代謝とは、私たち生きて行く上で消費されるエネルギーの事です。
10代の時にはこの基礎代謝だけでかなりのエネルギーを消費していましたが、20代、30代と進むにつれ、基礎代謝が落ちていきます。
そうすると摂取したエネルギーが消費するエネルギーを上回ってしまい、余ったエネルギーが蓄積されて脂肪となってしまうのです。

基礎代謝を上げるには?

筋肉をつけることが重要になります。
何故なら体内のエネルギーを一番消費するのが筋肉だからです。
筋肉が適度についていると、太りづらいというのはこういう事なのです。

とはいえ、いきなり筋肉がない方が、過度な負荷をかけすぎても怪我をするだけです。
少しきついくらいの負荷で止めておきましょう。
2~3日置きに行いましょう。

基礎代謝を上げる他にも…

綺麗な姿勢で生活することが大切です。
このように綺麗な姿勢で生活すると、自然と腹筋や背筋が鍛えられます。
座っているときや立っているとき、背筋をスッとのばして目線は前へ。
これだけで腹筋と背筋に力が入るのが分かるでしょう。
歩く時も同じです。
お腹とお尻に力を入れて、まるでモデルになったような気持ちで歩きます。

姿勢が正しいと、腰痛や肩こりの予防にもなります。
また、ヒップアップ効果もあるため、より美しいスタイルになることができるというわけです。

いかがでしたでしょうか?
年を取るにつれて衰える体について前もって知っておけばこんなに対策を取ることができます。
是非、他の同じ年齢層の方々に差をつけてみてください!

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ダイエット
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.