ダイエット

塩麹ときのこを食べて体に嬉しいダイエットをしましょう!

更新日:

ダイエット

いつの間にか美味しい調味料のポジションを獲得していた塩麹。
すっかり話題になってから時間が経ちましたが、人気が衰えませんよね。
もちろん味だけではなく健康効果でも注目を浴びている発酵食品です。
世間ではわりと最近注目を集めましたが、実は昔から東北地方などで調味料として漬物の材料に使われていました。
そこで今回はこの塩麹とキノコを組み合わせたダイエットをご紹介します!

塩麹の力

麹には、プロテアーゼやアミラーゼなどの強力な酵素が含まれ、食材のたんぱく質をアミノ酸に、でんぷんを糖分に分解し、うまみを引き出す働きがあります。また塩分が含まれているため雑菌の繁殖を抑えて保存性を高めます。

キノコの力

キノコは超低カロリーで、しかも食物繊維が豊富なところからダイエット食には欠かせない食材です、グルタミン酸やグアニル酸が豊富なため、うまみがたっぷりあり、ダシにもなります。また1年中価格が安定しているため、お財布に優しいというのもうれしい食材です。

塩麹とキノコの相乗効果

キノコからは塩麹に含まれない食物繊維が摂れて、塩麹からはビタミン類が多く摂れます。
つまり、お互いが補い合ってダイエットの相乗効果が期待できます。
ダイエットに大切なことは、腸内環境を整えることです。腸内環境が悪化していると便秘になり、老廃物がたまり、新陳代謝を阻害します。腸内環境を整えるためには、腸内の善玉菌を増やすことが必要になります。塩麹に多く含まれる植物性乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、腸のぜん動運動を活発にします。乳酸菌は食物繊維をエサにしています。ですから塩麹と食物繊維の豊富なキノコは抜群の相性といってもいいでしょう。

また食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類がありますが、キノコにこの2種類の食物繊維が両方含まれているという特徴を持ちます。腸内環境を整え、毎日のお通じを快調なものにしてくれます。塩麹による整腸作用とともに相乗的に働き、体内の余分な脂質なども排泄されるので、肥満を防ぎ血液をサラサラにしてくれます。

作り方

材料
好きなキノコ類(しめじ、舞茸、エリンギ)1kg
酒 大さじ2
塩麹500g

①キノコの下ごしらえをしておきましょう。石づきを取って食べやすい大きさにしてほぐしておきます。
②フライパンにほぐしたキノコを入れ、そして加熱する前に酒を振りかけておきます。そうすることで仕上がりがジューシーになります。
③ふたをして蒸しながら中火で炒めてキノコに火を通します。
④フライパンから火を降ろして粗熱を取ります。そしてキノコを蒸し汁ごと塩麹に加えます。
⑤全体をよくかき混ぜて完成です。密閉容器に入れて冷蔵保存すれば2週間は美味しく食べられます。

以上となりますが、まず作って試してみてください!
美味しくて痩せられる、この感覚が癖になりますよ!

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ダイエット
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.