ダイエット

栄養の宝庫、美容と健康に気を遣いながらダイエットをするためにはコレです!

更新日:

ダイエット

日本でヨーグルトが食べられるようになったのは戦後と言われています。
明治時代でも凝乳と呼ばれる整腸剤が売られていましたが、それは食べ物ではなく薬として使用されていました。
日本以外でも、ヨーグルトは古くから世界中で食べられており、その土地ごとに牛乳だけでなく、ヤギや羊、そしてラクダや馬などのいろいろな種類の乳が原料となったヨーグルトが食されてきました。
まだ科学が発達していないころに、何故昔の人々ヨーグルトを食べていたのでしょうか?
それは美味しいからという単純な理由ではなく、おそらく経験的にヨーグルトが健康と美容に優れた作用を持つことや、長寿の源になることを知っていたからです。
今回は、ヨーグルトが持つ健康や美容の力についてご紹介します!

ヨーグルトの栄養素とは

ヨーグルトの元にもなっている牛乳ですが、「完全栄養食」とも呼ばれています。ヨーグルトは、そんな牛乳の豊富な栄養素をそのまま受け継ぎ、牛乳よりも良い形で摂取することができるものです。
牛乳は私たちにとって必要な栄養素を完全栄養食の名の通り、ほとんど含んでいます。
気になる主な栄養素はこちらです。

  • 良質のたんぱく質
  • ビタミンA、B2
  • カルシウム

などが豊富に含まれています。ビタミンCさえ含まれていれば完璧と言えましたね。
牛乳に含まれるタンパク質は胃壁を守り、カルシウムが骨粗しょう症を予防し、ビタミンが美肌を作ります。そして牛乳に含まれる乳糖は腸内のビフィズス菌の増殖を助ける働きがあり、免疫力をアップさせます。

ヨーグルトがもたらす効果とは

ヨーグルトの優れた点は「発酵」にあります。
私たちにも馴染み深い発酵食品ですが、ヨーグルトの場合は、乳発酵によって作られた物質に、さまざまな健康効果が認められています。

乳酸発酵の物質とは、乳酸菌が牛乳に含まれる乳糖を分解して作り出す乳酸や酢酸のことです。
これは腸を刺激し、便秘を予防する効果があり、また悪玉菌は酸に非常に弱いため腸内環境を良くする働きもあります。
さらに、乳酸発酵生成物の中には、血圧を下げたり血中コレステロールを低下させる働きもあります。

またカルシウムは牛乳からヨーグルトになると乳酸カルシウムという体が吸収しやすいカルシウムになります。
このように栄養素を効率よく摂取できるのも大きなメリットです。
消化の弱くなったお年寄りも、カルシウム補給をするなら牛乳よりもヨーグルトの方が少ない量で効率的にカルシウムを体内に取り込むことができます。たんぱく質や鉄分に対しても同じように吸収のいい形に変化したのがヨーグルトです。
乳酸菌そのものにも素晴らしい働きがたくさんあり、腸内の有害物質を排泄したり、体の免疫力を高めるなどいいこと尽くめです。
加えて、牛乳を飲むとお腹を壊す人、「乳頭不耐症」の人でもヨーグルトであれば、摂取することができます。

多くの栄養を含み、安価で手軽に摂取できる安全性の高いヨーグルト…。
是非、摂取して美容と健康効果を実感してみてはいかがでしょうか?

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ダイエット
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.