ダイエット

トウガラシが持つ成分「カプサイシン」の摂取で、内臓脂肪を燃やそう!

更新日:

ダイエット

辛いものを食べると汗が噴き出してしまいますよね。
夏のように暑い気温や、ジメジメとした湿度の時に食べればたちまち汗だくになります。
その辛いものの代表とも言えるトウガラシですが、体の代謝だけではなく内臓脂肪の代謝にも効果があります。
ここで、トウガラシについて少し見ていきましょう。
トウガラシに含まれる主な栄養素は、ビタミンAです。
しかし、ご存知の通り相当辛いので多くの量は食べられませんよね?
そのため昔から栄養の補給ではなく、少々スパイスとして加えるだけで代謝を良くし、ダイエット効果をもたらすものとして知られてきました。
トウガラシ料理をよく食べる韓国の女性は、日本の女性に比べ、体脂肪の量が少ないという調査が報告されています。

内臓脂肪を減らす

とある実験のデータです。
日本の女性に韓国の女性が1日に食べる平均的な量のトウガラシを10日間食べてもらいました。
結果は、皮下脂肪にはそれほど変化はありませんでした。
しかし驚くべきことに、内臓脂肪が平均で700gも減少しました。
日本の女性と韓国の女性の体脂肪の差は皮下脂肪で500g程度の差ですが、内臓脂肪は2.2㎏も韓国女性の方が少なくなっています。
この違いはやはりトウガラシを毎日食べているからだと考えていいのではないでしょうか。

カプサイシンの効果

トウガラシに含まれるカプサイシンには、内臓脂肪をエネルギー源として燃やすのをサポートする効果があります。
脂肪は、運動をしてすぐに燃焼されるわけではありません。
流れとしてはまず、体に蓄えられた糖を燃やします。しかし、ここにカプサイシンが関わると、脂肪をエネルギーとして使うアシストをします。
そのため体に溜まっている脂肪がどんどん使われて結果、内臓脂肪が減ることになるのです。

カプサイシンには、先ほど説明したエネルギー代謝を活発に効果、加えて体脂肪の蓄積を抑制する働き、末梢血管を拡張する働きがあり、血流を増やして基礎体温を高める作用もあります。

ただし、カプサイシンには脂肪を燃やす半面、胃腸の働きを活発にして食欲を増進させるという効果があります。
という事は、ダイエット目的でトウガラシを食べるのは「食欲との戦い」にもなるので、あまりオススメできませんね。また普段食べ慣れていないトウガラシを大量に食べたりすると、その刺激で胃腸を傷めたり「痔」になる恐れもあるので、ほどほどにしておきましょう。

免疫力の向上

カプサイシンは血液中の白血球の活動を活発にする効果があります。
辛いものを食べると体が元気になる気がするのは、白血球の活動が活発になるからです。
白血球の中にもいろいろな種類がありそれぞれ役割が違いますが、カプサイシンによって活発になるのは「好中球」と呼ばれる種類です。この好中球は体に侵入してくる病原菌などの異物を撃退してくれる白血球です。トウガラシを食べることで、体の抵抗力を高めて病気から体を守ってくれる効果が期待できます。

いかがでしょうか?トウガラシがもつ効果はすさまじいですよね。
ダイエットとは食べて痩せる事が基本です。
食べないで痩せるより食べながら痩せる方が明らかに良いです。
しかし、説明したようにカプサイシンには燃焼を助ける反面、食欲も増加させる効果があるので食べ過ぎの誘惑に注意しながら上手く食欲と付き合ってダイエットをしてみましょう!
上手く使えば、痩せられますよ!試してみてください!

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ダイエット
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.