ダイエット

ダイエットによる二の腕のだるだる感。表と裏を鍛えてキレイな二の腕を作ろう!

更新日:

ダイエット

体の中でも特に筋肉が落ち、脂肪が目立つ二の腕…。
冬が終わって、だんだん薄着の季節になるとタンクトップやノースリーブ、そしてキャミソールと、肌を見せる機会が多くなりますよね。
体の他の場所がスッキリしているのに、二の腕だけがタプタプだとかなり残念ですよね。

特に二の腕は一度脂肪がついてしまうとなかなか落ちにくい場所でもあります。
普段使っていそうで使ってない場所なので、筋肉も落ちてどんどん脂肪がついていってしまうのも仕方のないことです。
仮にダイエットをして痩せることが出来ても、脂肪と共に筋肉が落ちてしまうこともあります。

二の腕の筋肉は表と裏に分かれています。
表の筋肉である上腕二頭筋と裏の筋肉である上腕三頭筋、大きくわけてこの2つです。

二の腕は、この裏表の筋肉を一緒に鍛えてあげないとキレイな二の腕になりません。
勿論キレイな二の腕を作る上で、食事に気をつけることも大切です!
しかし、最も必要なのはやはり運動です。二の腕を綺麗に細くするには適度な運動は欠かせないのです。

上腕三頭筋をうまく使おう

上腕三頭筋とは二の腕の裏の筋肉のことです。
二の腕の表にある上腕二頭筋は比較的日常でも使うことがあります。

しかし、二の腕の裏の筋肉である上腕三頭筋は日常生活ではほぼ使っていません。
表に筋肉がある人でも、実は裏の筋肉は全然ついていない人がほとんどなのです。
ですから、鍛えるならば上腕三頭筋を鍛えるストレッチや筋トレを選ぶと良いでしょう。

上腕三頭筋を鍛える筋トレメニューはほとんどがダンベルなどの重りを使います。
もちろんペットボトルなどを代用しても大丈夫ですので、自分が毎日継続しやすいものを選んで続けることをおすすめします。
ダンベルを使った代表的な筋トレメニューにダンベルカールというものがあります。

これは簡単にいうとダンベルの上げ下げです。ペットボトルや重さのある本などでもいいので、肘を支点として上げ下げを繰り返しましょう。毎日続けること、ゆっくり行うことで効果がさらにアップしますよ。
ちなみに、自宅などで簡単に出来て即効性の高い筋トレとしては、皆さんも良く知っている「腕立て伏せ」があります。
上腕三頭筋を鍛えることで、筋肉のハリも出来て、ラインも綺麗に見えますよ。

表も裏も鍛えて痩せても皮膚が伸びないキレイな二の腕を作りましょう!
そして薄着の季節に自慢してみてはいかがでしょうか?

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ダイエット
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.