ダイエット

お尻のエクササイズで、下半身全体をスッキリ見せよう!

更新日:

ダイエット

お尻は、年を重ねるにつれてだんだんと垂れてきますよね。
お尻が垂れるとなんだが下半身がだらしないイメージになります。
私たちのお尻は、アスリートでもない限り、筋肉が使われずに眠っている状態なので、それを揺り動かして目覚めさせないと、お尻の筋肉の動きをカバーしようとして他の部分がオーバーワークとなり、スタイルに影響してきます。

まずは自分が普段からお尻の筋肉を使っているかどうかを確認してみましょう。
見極める方法は「片脚上げ」です。

まず両足を伸ばし立ちましょう。
次に片方のひざを腰よりも高く上げてみてください、この時、軸足のひざを伸ばします。
そこで自然と軸足側のお尻と太ももの後ろに力が入っていればお尻の筋肉が上手に使われているということです。
逆に上げた脚だけに力が入っていて、太ももの後ろに力が入っていない場合はお尻の筋肉が眠っている状態といっていいでしょう。

お尻の筋肉の為のエクササイズ

・ボックススクワット
このエクササイズは、名前こそ聞き慣れないですがおそらく皆さんもよく知っているエクササイズだと思います。
骨盤が後ろに傾斜している人におススメです。

①まずイスを体の後ろに置き、足を肩幅に開いて立ちます。両腕はまっすぐ前に伸ばして、肩の高さまで上げておきます。(前にならえの状態)
②ひざから下は動かさず、すねを垂直にしたまま、後ろのイスにちょっとだけ腰掛けたら、立ち上がって、元の立った姿勢に戻ります。

・ヒップエクステンション
このエクササイズは、かなりお尻に負荷をかけるので、ヒップアップ効果が期待できます。

①両手、両ひざを床につけます。上げる方の足は、つま先を立てておき、体重は両手にかけておきます。
②お尻の位置は動かさずに片方の脚を上げます。ひざは曲げたままで、あごを上げないのがポイントです。背中はまっすぐにして、頭はそらせないようにしましょう。左右各15回行います。

・クラム
テレビを見ながらでもできるエクササイズです。横向きに寝て「二枚貝」のようにひざを開閉して、中臀筋を鍛えます。

①ひじをついて頭を支えて横に寝ます。支えていない手を体の前に着いて体重をかけ、ひざは曲げてそろえておきます。
②お尻にきゅっと力を入れて、ひざを開きます。両ひざがつく寸前まで戻して、また開きます、これを左右20回行います。

・ブリッジ
子どものころ良くやった方もいると思います。実は、骨盤が前に傾いている人に効果のあるエクササイズです。

①仰向けになって足を肩幅に開き、両ひざを立てましょう。この時ひざはくっつけないようにします。両手は自然と体の横に下ろします。
②ひざを開いたままお尻を上げます。ひざが90度になるところに足を置きます。腰が反ってお尻が落ちないように注意しましょう。

いかがでしょうか?このようなトレーニングは反復して繰り返すと、嬉しいことにお尻以外の場所も引き締まってきます。
どれも家で簡単に出来るトレーニングですので、継続してお尻もそれ以外の場所もスリムになれるよう頑張りましょう!

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ダイエット
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.