ダイエット

食前にキャベツを食べるだけのダイエットを試してみませんか?

更新日:

ダイエット

肥満による糖尿病の患者さんが無理なく痩せられるために発案された食前キャベツダイエットというものがあります。
名前の通り、食前にキャベツを食べるダイエットなのですが、
無理なダイエットは、やつれたり老け込んだり肌荒れしたり、いろいろなトラブルを起こしがちです。
この食前キャベツダイエットは、むしろ肌がツルツルになって、キレイに痩せることができると評判のダイエットですので、是非オススメしたいです!
それではご覧ください。

キャベツダイエットの方法は?

食前キャベツダイエットの方法は簡単です。
1つのキャベツを6等分したもの角切りにして3回の食事前に生で食べる。これだけです。
ですので、一日に食べるキャベツの量は1個の半分となりますね。

ポイントは、満足感を得るために10分以上よく噛んでキャベツを食べることです。
目標期間は3ヵ月間で、現在の体重の約10%減です。
内臓についていた脂肪が減ることでインスリンの働きも良くなるため糖尿病も改善していきます。

しかし、数ある野菜の中で、なぜキャベツなのでしょうか。
それは、生のキャベツにはビタミンが多く含まれているからです。
ビタミンCは、肌細胞を老化させてシミ、シワの原因になる活性酸素を除去します。そうすると肌の弾力を保つコラーゲンの生成が促進され、免疫力もアップします。

また食物繊維も豊富な野菜です。腸の活動を活性化させるので、便秘を改善する効果にも期待でき、余分なコレステロールや体内の有害物質をからめとって排出することができます。
その他にも血圧を安定させる作用のあるカリウムや骨を丈夫にするビタミンK、胃の粘膜を守るキャベジンと呼ばれるビタミンUなど健康にいい成分がつまった食材です。
何より嬉しいのは財布に優しいところかもしれませんね!

満腹感が良い

食前キャベツダイエットで楽に痩せることができるポイントは、
10分以上よく噛んで食べることと言いましたよね?

それは良く噛むことで、刺激が脳に伝わって、自然に満腹感が出てくるからです。
これで生まれた満腹感はその場しのぎというものではなく、1時間以上も持続するという特徴があるため、そのあとに食べる食事の量を自然と抑えることができます。食前に限らず、小腹が空いたらキャベツを食べればいいので、空腹感に悩まされることがありません。

この方法は無理やりダイエットする方法ではなく、食事の量を抑えるだけの簡単なダイエットです。
食前キャベツダイエットを実践していくと食事内容や味の好みも徐々に変わってきます。「油っこいものを食べなくなった」「甘いものが無性に食べたくなることがなくなった」など太りにくい食習慣も自然と身についていくでしょう!

無理なダイエットに失敗した経験がある方は是非このダイエットを試してみてはいかがでしょうか!

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ダイエット
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.