介護

増える高齢者へのサービス、国や県や市が行う介護する側、受ける側を支える活動とは。

更新日:

介護サービス

高齢者への活動
2025年の超高齢化社会を見据え、高齢者へのサービスが増えてきています。高齢者が増えると国の負担も比例して増加していきます。財政難を解消するため在宅生活を継続し、安全に健康で活気のある生活を送ってもらう必要があります。そのため国、県、市が連携を図り高齢者への活動を促進しています。

介護を受けずに自立する方に向けた活動
介護認定を受けず自立生活を送っている方は現状を維持し要支援、要介護状態にならないように地域での活動に参加してもらう取り組みがあります。老人クラブやシニア向けの人材派遣センターなど趣味を目的とする物や高齢者の雇用を推進する物など県や市によってさまざまな活動を展開していきています。

要支援、要介護者へのサービス
介護認定を受けている場合、要支援者は要介護にならないように要介護者は今以上に介護度が上がらないようにすることを目的としてサービスを受けられます。要支援者が集まる地域事業は趣味活動を集団で行うことで閉じこもりを予防し他者との交流を増やし、いきがい、活性化を図っています。要介護者での参加できる活動も地域により内容は違いますが沢山あります。
地域によりサービス内容が違うので市役所などで暮らしている地域の情報を得る必要があります。最近はインターネットでも掲示している所もあります。必ず知って損はない情報です。
他には訪問系のサービスでは理容や歯科検診、医師の往診などもあります。

増加するサービス付き高齢者住宅
ここ数年で大きく拡大を見せるサービス付き高齢者住宅。これは入所サービスで集団での宿泊施設になっており、1か月10万前後で住むことができます。介護ヘルパーが常駐しておりサービスを受けることもできます。宿泊代は実費ですが介護ヘルパーに部屋の掃除や入浴介助を頼むことは介護保険が適用されます。自宅での生活が困難でも高齢者が安心して生活を送ることができます。

高齢者介護を行っている家族への支援
高齢者へのサービスは日に日に増加し、質も高まってきていますが忘れてはならいないのが介護を行っている家族の負担です。老老介護という言葉でも注目されていますが介護側に負担が大きくなってきていることも深刻な問題となっています。そこで介護者への講習や集まりの場を作り経験者の意見を聞いたり、分かち合ったりというような精神面の疲労の軽減を図る取り組みがあります。今まで介護の経験のない家族は多く、知識も経験もないのでその不安の解消にもとても効果的だと思います。

 

外国人労働者雇用~社会保険、労働保険の仕組み~のことならお気軽にご相談下さい。

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-介護
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.