ヘルスケア情報

若い時から要注意!AGAを予防するために今からできる2つの対策とは何か?

投稿日:

若い時から要注意!AGAを予防するために今からできる2つの対策とは何か?

「いくらなんでも早すぎる!」

髪の毛を鏡で見てそう感じる人も多いでしょう。

髪の毛は年齢にともなって徐々に薄くなっていきますが、実は20代~30代の若い時でも薄くなってしまうのです!

特に「生え際の後退」「頭頂部の薄毛」は若い時から発生します。

 

その原因は「AGA」と呼ばれる男性型の脱毛症にあります。

そんな脱毛症を予防するにはどうしたら良いのでしょうか?

そこで今回、AGAを予防するために2つの対策を紹介していきます!

 

 

■1:頭皮環境を清潔にしましょう

 

まず紹介するのは頭皮環境を清潔に保つ事です。

 

AGAの原因となる「5αリダクターゼ」は皆さんの頭皮に多数存在します。

もし不潔な頭皮環境ですと、5αリダクターゼが活動を活発化します。

そして何より、毛穴に「皮脂」が詰まってしまう事で髪の毛の成長に必要な「毛母細胞」の活動が弱まってしまうのです!

 

とは言え、どのシャンプーでも良いと言う訳ではありません。

シリコンシャンプーのように「添加物」を含むシャンプーや、合成界面活性剤の一種である「ラウリル硫酸ナトリウム」は

余計に頭皮環境を悪化させてしまいます!

 

できるのであればシリコン等の添加物を含まないシャンプーを選択して頭皮環境を清潔に保ちましょう。

 

 

■2:頭皮へ栄養を与えましょう

 

頭皮環境を清潔にしたところで、次は頭皮へ栄養を補給しましょう!

 

方法として2つあります。

 

1つは外側から補給する方法です。

 

一般的には「育毛剤」がこれに当てはまるでしょう。

現在では頭皮への栄養補給だけではなく「血行促進効果」や「5αリダクターゼ」を防ぐ効果のある育毛剤まであります。

特に「ヒオウギエキス」や「アロエエキス」のように育毛をおこないつつ5αリダクターゼを予防する栄養素もございます。

とは言え「あれもこれも配合しています」になりますと、価格もそれだけ高額です!

そのため自身が育毛剤にどこまで求めているのかを自分自身で確認してから決めてみましょう。

 

2つ目は食事やサプリメントから摂取する事です。

 

亜鉛は「牡蠣」「ゴマ」「牛肉」等に多く含まれている栄養素です。

なぜ亜鉛が良いと言いますと、毛母細胞を活性化する効果があるからです!

AGAが進んでいくと、徐々に栄養素が頭皮へ運ばれなくなり毛母細胞が弱っていきます。

すると丈夫な髪の毛を育てられない、または髪の毛自体が生えてこなくなるのです。

 

一方、亜鉛を摂取しますと毛母細胞が新しい細胞へ生まれ変わる際にサポートする能力があるので、常に健康的な毛母細胞へ生まれ変わる事ができるのです。

そうして丈夫な毛根の元、丈夫な髪の毛を育む事ができるのです!

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

AGAは放置しますと、皆さんの大切な髪の毛を薄くして最終的には「M字はげ」「円形脱毛症」等になります!

もし「AGAかな…」と思いましたらまずは頭皮環境を見直す、または栄養を補給してみましょう。

そしてそれでも進行を食い止められない場合は病院へ行き、医師と相談しながら解決していきましょう。

 

引用URJ

http://www.ashinari.com/2009/09/23-027817.php

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-ヘルスケア情報

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.