介護

シャワーチェアーの選ぶときの注意点について

更新日:

入浴介護をする際にはシャワーチェアー(入浴用のいす)を利用すると、便利な場合もあります。

 

例えば、身体や髪を洗う際に介護される方の姿勢が不安定になる場合には特に、安定感のあるシャワーチェアーを利用すると入浴介護の時にも安心できます。

シャワーチェアーを選ぶときには使用する方の体系や体の状態にあっているか?また、浴室の洗い場と介助する時のスペースにも注意して選びましょう。

 

 

  • シャワーチェアーの選び方の目安

 

 

例を挙げると、体格が大柄で浴室の洗い場が広い場合は、

大き目のサイズ(ひじ掛けの内寸でいうと42㎝位)が良いでしょう。

また、標準的な体形で浴室の洗い場が狭い場合は、

通常サイズ(ひじ掛けの内寸でいうと37㎝位)が良いでしょう。

更に小柄な体形で浴室の洗い場がかなり狭い場合は、

省スペースのタイプ(ひじ掛けの内寸でいうと32㎝位)が丁度良いでしょう。

次に介護される方の状態にあわせたタイプの一例をあげますと、

%e2%97%8f%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%83%bc%ef%bd%a5%ef%bd%a5%ef%bd%a5%e3%80%81%e5%85%a5%e6%b5%b4%e7%94%a8%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%92%e9%81%b8%e3%81%b6

・座る時の姿勢が不安定な方の場合

背もたれとひじ掛けがついているタイプを選ぶと良いでしょう。

 

・座る時の姿勢は保てるけれども、不安が残ってしまうという方の場合

背もたれのみがついているタイプを選ぶと良いでしょう。

 

・立ったり座ったりするときに手助けが必要な方の場合

ひじ掛けのみがついているタイプを選ぶと良いでしょう。

 

・手助けがなくても安定して座ることができる方の場合

背もたれやひじ掛けのついていないタイプを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

  • 介護する側からの視点でのシャワーチェアーの選び方

また、介護をする方の視点からすると、シャワーチェアーを選ぶ際には一般家庭の浴室の洗い場に大き目のシャワーチェアーを置いてしまうと、手助けをするスペースがほぼなくなってしまう可能性が大きくなり、腰を痛めてしまう場合もあるので、安定性を確保した上でなるべく、コンパクトサイズのシャワーチェアーを選ぶと良いそうです。

 

更に、座面が回転するようなタイプのものを選ぶと洗い場が狭くても、介護される方も洗い場から、スムーズに浴槽に移動することができます。

なお、使用しないときに折りたためるようなシャワーチェアーの場合なら、浴室内の清掃や介護される方以外の家族が入浴する時でも邪魔にはならないので同居の家族にも優しいと思います。

 

衛生面でもシャワーチェアーは等に清潔に保たなければならないので、細かい部品や継ぎ目が多いような洗う事が大変な構造のものよりも、シンプルな構造で、特に座面や背もたれの部分を取り外しができるような構造のものならば、洗いやすくて大変衛生的です。

特に汚れやすいとされている座面の部分が、取り外して洗いやすいような構造の、シャワーチェアーを選ぶと良いでしょう。

 

また、入浴中に使用している時は介護される方の体が濡れている事や、シャンプーや石鹸の泡などがつくので大変すべりやすくなるので、介護される方と介護する方の両者の安全にも配慮して、適切なシャワーチェアーを選ぶようにしてください。

参照元:http://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=107583&c_id=

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-介護
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.