介護

リハビリに専門家は必要ないってホント?誰でもできるのがリハビリ?

投稿日:

リハビリに専門家は必要ない?誰でもできるのがリハビリ

 

%e2%97%8f%e3%83%aa%e3%83%8f%e3%83%93%e3%83%aa%e3%81%ab%e5%b0%82%e9%96%80%e5%ae%b6%e3%81%af%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%9f%e8%aa%b0%e3%81%a7

(引用先:http://nursing-care.org/14-hotsprings/136-hotsprings.html

 

最近はリハビリの存在感がとても大きくなっており、医療だけでなく、福祉や介護の面でもリハビリはとても重視されてきています。リハビリに対する理解も進んできており、身体や精神の機能を低下させることなく、生活のできる社会の基盤ができつつあります。

 

しかしその一方で「リハビリは専門家がいないとしてはいけない」という価値観も生まれてきてしまっています。

リハビリは決して、専門家がいなければできないものではありません。

 

リハビリで最も重要なのは「動こうとすること」「自発性」です。

専門家は言ってしまえば、それを引き出すための職業であり、リハビリが「より良く」できるようにアドバイスをするための職業とも言えます。

またリハビリの専門家は適切なリハビリプログラムを組んでいく、プログラムの修正、変更を大きな役割としています。

 

もし、「先生(専門家)がいないからリハビリはしてはいけない」と思っている人は少し考え方を改めてみることをオススメします。

当然、身体機能、症状によっては無理をすることができない場合もあります。

ただ、そのような場合でも、リハビリを受ける人から専門家へ「どんなことをしても良いですか?どんな運動をしても良いですか?」と積極的に訪ねると、専門家も嬉しく思うものです。そのため無理をしない範囲で積極的にリハビリについて質問・確認をしていくことをオススメします。

 

 

 

  • 受身的ではなかなか効果は現れない

 

リハビリは「辛いもの」というイメージがありますが、最近では段階を踏むことで「辛さ」をなるべく感じないように、リハビリができるよう技術が発展してきています。

そのため積極的にリハビリをしていく場合でも、痛みや辛さを覚えることは少ないです。(専門家がしっかりと量を調節してくれます)

 

リハビリの職業が大きく注目されていますが、リハビリ体制がしっかりしている医療機関、福祉施設はまだまだ少ないです。専門家と一緒にできるリハビリは回数に限度があります。

そのためどうしても、リハビリの量・回数が不足しがちです。

専門家がいなくてもできるリハビリを、専門家としっかり相談し、「自分からできるリハビリ」を用意しておくことで、効果的なリハビリが実現しやすくなります。

受身的ではなく、自発的なリハビリがその後の身体機能、精神機能により良い影響をもたらしてくれます。

 

※リハビリの専門家とどのように関係を持てば良いのかわからない・・・

リハビリの専門家とどのように知り合えば良いのかわからない人もいるかもしれません。リハビリをしていきたい気持ちがある場合、地域の地域包括支援センターや、リハビリ科を持っている病院の相談窓口に相談をしてみると良いでしょう。

 

 

%e2%97%8f%e3%83%aa%e3%83%8f%e3%83%93%e3%83%aa%e3%81%ab%e5%b0%82%e9%96%80%e5%ae%b6%e3%81%af%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%9f%e8%aa%b0%e3%81%a7

 

 

画像引用先

(引用先:http://nursing-care.org/14-hotsprings/136-hotsprings.html

(引用:http://nursing-illustration.com/dailylife/dailylife-dl-02.html

(引用先:http://otoba.ame-zaiku.com/

 

リハビリに専門家は必要ない?誰でもできるのがリハビリ

 

 

(引用先:http://nursing-care.org/14-hotsprings/136-hotsprings.html

 

最近はリハビリの存在感がとても大きくなっており、医療だけでなく、福祉や介護の面でもリハビリはとても重視されてきています。リハビリに対する理解も進んできており、身体や精神の機能を低下させることなく、生活のできる社会の基盤ができつつあります。

 

しかしその一方で「リハビリは専門家がいないとしてはいけない」という価値観も生まれてきてしまっています。

リハビリは決して、専門家がいなければできないものではありません。

 

リハビリで最も重要なのは「動こうとすること」「自発性」です。

専門家は言ってしまえば、それを引き出すための職業であり、リハビリが「より良く」できるようにアドバイスをするための職業とも言えます。

またリハビリの専門家は適切なリハビリプログラムを組んでいく、プログラムの修正、変更を大きな役割としています。

 

もし、「先生(専門家)がいないからリハビリはしてはいけない」と思っている人は少し考え方を改めてみることをオススメします。

当然、身体機能、症状によっては無理をすることができない場合もあります。

ただ、そのような場合でも、リハビリを受ける人から専門家へ「どんなことをしても良いですか?どんな運動をしても良いですか?」と積極的に訪ねると、専門家も嬉しく思うものです。そのため無理をしない範囲で積極的にリハビリについて質問・確認をしていくことをオススメします。

 

 

 

  • 受身的ではなかなか効果は現れない

 

リハビリは「辛いもの」というイメージがありますが、最近では段階を踏むことで「辛さ」をなるべく感じないように、リハビリができるよう技術が発展してきています。

そのため積極的にリハビリをしていく場合でも、痛みや辛さを覚えることは少ないです。(専門家がしっかりと量を調節してくれます)

 

リハビリの職業が大きく注目されていますが、リハビリ体制がしっかりしている医療機関、福祉施設はまだまだ少ないです。専門家と一緒にできるリハビリは回数に限度があります。

そのためどうしても、リハビリの量・回数が不足しがちです。

専門家がいなくてもできるリハビリを、専門家としっかり相談し、「自分からできるリハビリ」を用意しておくことで、効果的なリハビリが実現しやすくなります。

受身的ではなく、自発的なリハビリがその後の身体機能、精神機能により良い影響をもたらしてくれます。

 

※リハビリの専門家とどのように関係を持てば良いのかわからない・・・

リハビリの専門家とどのように知り合えば良いのかわからない人もいるかもしれません。リハビリをしていきたい気持ちがある場合、地域の地域包括支援センターや、リハビリ科を持っている病院の相談窓口に相談をしてみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

画像引用先

(引用先:http://nursing-care.org/14-hotsprings/136-hotsprings.html

(引用:http://nursing-illustration.com/dailylife/dailylife-dl-02.html

(引用先:http://otoba.ame-zaiku.com/

 

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-介護
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.