介護

宿泊場所として施設を利用するという方法も

投稿日:

%e9%95%b7%e6%9c%9f%e6%bb%9e%e5%9c%a8%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%9f%e5%ae%bf%e6%b3%8a%e5%a0%b4%e6%89%80%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e6%96%bd%e8%a8%ad%e3%82%92%e5%88%a9

施設の利用は何も長期滞在だけではありません。施設に通う通所サービスもあります。しかしそれだけでなく、滞在と通所の間にあるサービスとも言える、宿泊(短期入所)サービスもあります。

この短期入所サービスは、連続で30日までの入所と決められていますが、自宅に利用者を一人で置いておくことはできない状況ができてしまったり、どうしても家族で介護ができなくなってしまった場合等に利用できる便利なサービスとなります。

 

自宅に引きこもって、外との世界が絶たれてしまった人の外出の機会を作る役割を持ったり、家族介護の負担を少なくする役割も持っています。その上、入所をするということで、その期間中は、施設側が責任を持って利用者の生活を支えてくれることになります。

長期滞在の入所サービスと、通所サービスの良いところを併せ持ったような特徴がメリットとなっています。

 

しかし利用できる連続日数に制限はあり、基本的に家族の身勝手な理由で、利用者を施設に押し付けることができないようになっています。短期入所で対応できないと思った場合には、長期入所を検討し、利用者に余計な負担ができないように注意が必要です。(短期入所を頻繁に何回も繰返すことは、利用者にとって負担になってしまうことがあります。外出の機会をより多く作りたい場合には通所サービスを利用したほうが良いことも多いです)

 

  • 家族の気分転換としての利用はとても大切

 

介護で家族が機能しなくなってしまったり、突然の外出を支援するためにも短期入所サービスはとても大切になります。利用者にとっても家族と適度に距離をとっていくことが必要になる場合も多く、介護環境を正常に整えていくという意味でも短期入所は大きな意味を持ってきます。

 

介護をしている家族にとって、自分の時間を作れる、介護を忘れて過ごせる時間がある程度まとまって作れることは、長期介護をしていく上でとても大切です。自宅介護を検討している家族ほど、短期入所や通所サービスなど、施設を利用したサービスをより深く知っていくべきであり、利用していくべきと言えます。

 

※要支援1、2と比較的軽い要介護度の人でも利用できるが特徴でもあります。施設によって部屋の様子、設備等が違ってくることはよくあることなので、どこを利用するか検討しておくのも良いです。当然要介護度の人でも利用をすることはできます。

 

 

%e9%95%b7%e6%9c%9f%e6%bb%9e%e5%9c%a8%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%9f%e5%ae%bf%e6%b3%8a%e5%a0%b4%e6%89%80%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e6%96%bd%e8%a8%ad%e3%82%92%e5%88%a9

引用

 

http://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=121119&word=%E4%BB%95%E4%BA%8B-%E4%BB%8B%E8%AD%B7-f02

 

http://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=166659&word=%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%A7%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%B1%E5%A4%A7%E4%BC%9A%EF%BC%81

 

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-介護
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.