介護

シニアの遺影ブーム

更新日:

 

女性はいくつになってもいつまでも若く美しく元気でいたいものです。

メイク&フォトスタジオでは、そんな明るく前向きなシニア女性を応援するキャンペーンを実施いたしています。

これからもっと人生を謳歌するために、これまで頑張って生きてきた自分へのご褒美に、

遺影にお金をかけるシニアが増えてきています。

%e2%97%8f%e5%a4%89%e3%81%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bc%81%e3%82%b7%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%81%ae%e9%81%ba%e5%bd%b1%e3%83%96%e3%83%bc

 

遺影に変な写真を使われたくない

 

特殊な技術で出来上がった写真は、明るくほほ笑む自分。

信じられない程美しく光る私。この時から私のなかに奇跡が起こったのです。

心にパッと陽が差してきました。

この写真が人生観を変えたと言っても過言ではありません。

以来体調も好転し、性格も明るくなったねと、皆さんに言われるようになりました。

撮影の度に元気や生きる力が湧いてくるそうです。

と大好評です。

今では、毎年、美しすぎる遺影を撮影しているそうです。

ひと昔前は、遺影写真という言葉はタブーとされていましたが、ここ数年の終活ブームの影響もあって、自分史を残すなかで、美しい遺影写真を生前に撮影しておくことの重要性が評価され、還暦などの節目の記念に、ご家族に勧められたり、ご自身の意思で、遺影写真を撮りにくる方が増えています。

遺影写真と言っても、お葬式のためのかしこまった写真ではなく、プロの手で、まるで女優のような一枚をプロデュースしますので、皆さん、「美しすぎる自分」に感激し、何度も撮りにくる方もいらっしゃいます。

「遺影を撮ると、元気になって長生きする」と、口コミで評判が広がっています。

ご両親や祖父母のプレゼントにもいかがでしょうか。

 

 

終活ブーム

 

もはやお見合い写真をとってもらう感覚で、撮影してもらっている方が多いです。

ますます関心の高まる終活。

自分だけでなく、家族のためになる終活とはどんなことをいうのでしょうか。

現実的には終活にあたって多くの人が最優先で取り組みたいのは遺産や相続の問題だと思いますし、葬儀や墓をどうするかも大きな問題です。

実際に終活に取りかかるとけっこうあれもこれもやっておかなければというのが出てきて、しかもプライバシーに関わる問題なのでなかなか他の人に相談できず一人で悩んでいるうちに、終活疲れでけっきょく面倒くさくなって全部放置しまったケースもあります。

そういうときに気軽に相談できて信頼できる専門家がいるのは大変助かると思います。

そしてこれは終活に限らず、「就活」や「婚活」でも同じことだと思います。

最近は遺影撮影の様子がときどきテレビや雑誌などでも取り上げられますが、60代以上の女性の方々が、フォトスタジオでたくさんのドレスのなかから自分のお気に入りを選び、メイクスタッフに入念に化粧をしてもらい、プロカメラマンにさまざまなポーズで撮影してもらっています。

 

 

 

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-介護
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.