未分類

要介護状態となると寝室の変化が余儀なくされる

更新日:

 

日本人は従来、布団で寝る習慣であったものが近年は、ベッドでの生活が主となっています。しかし、高齢者に特化して考えてみると現在の高齢者は昔、布団で生活していた方が圧倒的に多いのが現状です。それが年齢を重ね、病気や認知症を患い、要介護状態となり、介護が必要になるなどの理由でベッドでの生活となる場合がほとんどです。

 

施設サービスや医療機関などは、介護用ベッドが整備されており、選択の余地なく利用することになります。一部の施設サービスには布団での生活を送ることができますが、重度になると介護用ベッドを使用することになり、ベッドでの生活となります。

asfdasfas

自宅の寝室を考えてみると、本人の生活習慣では布団での生活であったものが要介護状態となり介護が必要となり、生活が継続できなくなる。しかし、自宅での生活を続けたいと希望される方のために、最近では介護用ベッドをレンタルすることで少しでも長く自宅での生活を継続することができます。

 

福祉用具を上手く活用することで自宅での生活が可能になる

 

自宅での生活を維持するためには、様々な福祉用具を活用することが重要となります。例えば寝室を考えてみると、最初に思いつくのは、介護用ベッドです。機能は、高さと頭・足元の角度調整や背上げ機能がリモコンで操作できるものが標準的です。最近では、転落予防用に超低床型介護用ベッドなどの機能が付いているものもあります。また、ベッドに横になるマットレスも様々で、低反発・ジェル・ウレタン・エアなどがあり、高齢者の身体機能によって選択されます。特にエアマットに関しては、長時間ベッドで生活される方や褥瘡(床づれ)や皮膚疾患のある方が主に利用されます。エアマットの特殊な機能の一つに自動体位交換機能があります。これは一定時間ごとにマットの角度が変化し体位交換が自動的にできるもので独居生活している方や老々介護の場合などに使用されます。

 

その他、寝具関係の福祉用具には、ベッドの周りを囲むベッド柵やベッド上で食事ができるようなテーブル、防水シーツや体位交換用クッションなど数多く準備されています。

 

便利な福祉用具も使い方次第では危険なものになる

 

これまで福祉用具を活用すると自宅での生活の助けになると述べてきましたが、福祉用具の中には使い方を誤ると生命に危険を及ぼす場合があります。介護用ベッドの柵の間に頭や首を挟んでしまい窒息または骨折してしまい最悪の場合死亡にまで至る事例が報告されています。福祉用具だけでなくリスクは少なからず存在します。しかし、福祉用具に関しては、本人ではなく介護者が利用することが多いものです。ヒューマンエラーからの事故は防ぐことのできる事故です。福祉用具は適切に使うことで必ず高齢者の生活の助けになるものです。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%83%E5%9B%A3

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-未分類
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.