外国人労働者

在留期間更新許可申請

更新日:

在留期間更新許可申請とは、日本における外国人技能実習生の在留資格の有効期間内に在留期間終了後も日本に引き続き、その在留資格の活動と同じことを希望する時に、法務大臣に対し在留期間更新許可申請を行って在留期間の更新の許可を受ける際に取る手続きを指します。

これについては、今現在有効期間内の有効な在留資格を持っているかどうかという点が非常に重要となります。

具体的事例としては、今現在その外国人技能実習生が務めている会社にその後も引き続き勤務するケースや在留資格の有効期間内に転職をして新しい会社においても以前勤務していた会社と同じような業務内容に勤務しているケースが考えられます。

また注意点としては今現在の在留資格の有効期間が切れている場合には、在留期間更新許可申請はできませんので、日本における外国人技能実習生の在留期間更新許可申請をする際には、その外国人技能実習生の在留資格をよく確認する必要があると言えるでしょう。

また在留資格の有効期間とは、1日でもオーバーしているとダメです。在留期間更新許可申請の申請は、現在の在留資格の有効期限が3か月前から申請することが出来るので、今後申請する可能性が少しでもある場合には、早めに申請の手続きを取っておいたほうがいい言えるでしょう。

 

外国人労働者雇用~社会保険、労働保険の仕組み~のことならお気軽にご相談下さい。

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-外国人労働者
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.