外国人労働者

雇用政策基本方針

更新日:

雇用政策基本方針とは、日本経済の活性化と国際競争力の強化という観点から、日本国内においては外国人労働者の中でも高度人材外国人の受入れと定着を支援することが重要とされております。

外国人労働者においては、就労環境や生活面と環境整備等について政府全体で取り組むとされています。

雇用政策基本方針では、日本国内企業の高度人材となる外国人労働者の更なる活用を積極的に推進すると同時に、外国人留学生についても、日本国内企業への就職や定着率について、国内関係機関、大学、国内企業が連携を取りながらより効果的な支援体制をするとされています。

また日系人などの定住者、日本人の配偶者等が日本国内における活動制限のない外国人労働者の就業を推進する為に、日本国内企業における雇用管理の改善を促進すると以外に日本語能力の改善等を図る研修や職業訓練の実施と社会保険の加入促進等を通じ、安定した雇用を確保し意欲や能力の尊重した働き方の実現を目指します。

また外国人技能実習制度は、より実践的な技能と技術と知識を開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う、人づくりに貢献し、人権侵害等の不正行為は絶対にあってはなりません。

事故やトラブルが度重なる中で、しっかりと外国人労働者である外国人技能実習生の人権を考え適正化を図るようにしたいと考えられています。

しかしながら、実際には島国である日本の文化や民族の特性上、外国人労働者の受入れ範囲等については、労働市場、医療、社会保障、教育、地域社会への影響や治安悪化等の直接的国民生活への影響も考え、しっかりと国民全体で議論が必要と考えられています。

 

外国人労働者雇用~社会保険、労働保険の仕組み~のことならお気軽にご相談下さい。

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-外国人労働者
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.