外国人技能実習制度

インド労働省 雇用訓練局

更新日:

インド労働省 雇用訓練局とは、インドにおける海外に対し自国の労働者を送出す事を取りまとめる政府窓口です。

インド労働省 雇用訓練局は、インドにある認定送出し機関に対し、指導・監督を行っています。

また公益財団法人国際研修機構との定期協議を行っており日本に対しどのような外国人技能実習生であるインド人が適しているかということをよく理解していると言えます。

 

インドという国は、若者の比率が非常に多く人口に対しての労働人口の割合いがアジアの中でも非常に高い国であります。

 

自国の若年層の就業者を職業訓練の一環として日本国に対し外国人技能実習生として送出すことで、技能を習得したインド人が自国に帰国した際により自国の発展に貢献することは間違いないでしょう。

 

また失業者の割合も10%近い水準を推移している為、インド国内での労働力は、国の発展よりも現時点では余剰であると言えるでしょう。

 

外国人技能実習生としてインド人を受け入れる場合、インドの認定送出し機関と協定書を締結している日本国内の監理団体を通して受け入れることが、安全安心の外国人技能実習生であるインド人を雇用することが出来ると言えるでしょう。

なぜ今、外国人労働者なのか?

大人気E-BOOK! なぜ今、外国人労働者なのか? 外国⼈雇用制度を理解するために知っておくべき8つのポイント 経営ナビゲーションメルマガ【COMPASS】に登録することで無料ダウンロードしていただけます。

なぜ今、外国人労働者なのか?

外国⼈雇用制度を理解するために
知っておくべき8つのポイント
今すぐダウンロード!

FACEBOOK

-外国人技能実習制度
-

Copyright© 外国人労働者新聞.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.